【宮城県 蔵王】静かな離れで悠々とした休日を過ごす「だいこんの花」

2016.06.26

rd850_-090_01

1万坪の雑木林の中に「離れ」仕立ての客室が点在

宮城県・蔵王は温泉宿の激戦区で、豊かな自然の中にさまざまな特徴を持つ宿があります。「温泉山荘 だいこんの花」はその中でも特に注目したい温泉旅館。

 1万坪の広い敷地内が雑木林になっており、その中に全室「離れ」になった客室18室が点在するという造りなのです。これによってプライベートな空間がしっかり確保され、訪問者が日常を離れてゆったり過ごせることを保証しています。

rd850_-090_02

また敷地内には、4つの貸し切り露天風呂、散歩道、星見台があり、散策がてら雑木林の中をぶらぶらできます。このぶらぶらというのが大事なところで、「四季折々の自然を見ながら過ごせます」という宿は全国にたくさんありますが、「四季折々の姿を見せる自然の中でぶらぶらできます」という宿は恐らくほとんどないでしょう。

次ページ《客室は無垢板が魅力のコテージ風 露天風呂は林の中に

Area