【山形県】総平屋の宿で大人の夏休みを楽しむ「天童荘」

2016.07.13

rd850_087_01

料亭を前身とする歴史ある宿

将棋駒の産地、また有数の温泉地として有名な山形県天童市。今回紹介する「天童荘」は、この地で明治初期に開業した料亭を前身とする歴史ある宿です。長い歴史の中で培われた伝統と古き良き情緒、そしてこだわりの日本料理と、まさに「日本の良いところ」をこれでもかと味わうことができるのです。

rd850_087_02
趣の異なる15の客室で最高の時間を過ごす

本宿の客室は全部で15部屋。「離塵境(りじんきょう)」と名付けられた総平屋数奇屋造りの離れタイプの客室が7部屋、そして「東亭」という名前の、和の空間にベッドやダイニングを配した和モダンな客室が8部屋となっています。

rd850_087_03
「離塵境」の部屋は全て庭を望む縁側が備え付けられているのが特徴で、四季によって表情を変える情緒ある庭を楽しむことができます。また「東亭」は居心地の良さを感じさせる機能性を重視した部屋。わが家のような感覚でリラックスできるのが魅力です。

次ページ《自慢の天然温泉で身も心も温める》