旅の楽しみ方を変える「星野リゾート」の新しい提案

2015.10.11

メイン

新しい旅の楽しみ方が次々と誕生

旅の楽しみは、ひとそれぞれ。

名所旧跡を訪ねたり。山や海や川や滝を眺めたり。森や林の小径を散策したり。温泉にゆったりと浸かって寛いだり。あるいは、美味しい料理に舌鼓を打ったり。地の銘酒に酔いしれたり。

さて。あなたは、どんな旅を楽しんでいますか。

そして、いま、これまでになかった新しい旅の楽しみ方が、どんどんと誕生しているのです。

 

sub1

雲海を眺めながらのトレッキングヨガ

そんな新しい旅の楽しみ方を提案しているのが星野リゾート。

たとえば、「星野リゾート トマム」の新しい宿泊プランがそのひとつ。トマム山のゴンドラ山頂の標高1088mにつくられた「雲海テラス」からの眺めは、一度は目にしてみたい壮大で幻想的な景色です。

その雲海をテーマにした宿泊プランが「雲ガールステイ」。山好きの「山ガール」ならぬ、雲好きの「雲ガール」のための新宿泊プランです。

早朝に「雲海テラス」に出て、日高や十勝の山々の連なるパノラマを堪能。軽いトレッキングで絶景の望める秘密の場所へ。その道中は、まるで空中散歩をしているような快さです。そして到着したら「雲海トレッキングヨガ」で気持ちのよい汗を流す。雲海をテーマにした食事もあるなど、まさに「雲ガール」のための究極のプランですね。

 

サブー2

サブー3

渓流のほとりで苔を楽しむ

いま、苔を愛する女子が急増中、というのをご存じでしたか。「雲ガール」ならぬ「苔ガール」ですね。実は、都会の若者たちに観賞用の苔が大人気。それで苔を見るために、森や水辺を訪れる「苔ガール」が増えているのです。

そんな「苔ガール」のための宿泊プランをつくったのが「星野リゾート 奥入瀬渓流ホテル」。青森県の十和田八幡平国立公園のなかの、奥入瀬渓流のほとりに唯一建つホテルで、十和田湖から焼山までの、およそ14kmに渡って流れる奥入瀬渓流の一帯は日本駆使の景勝地。水辺の岩や森の木の根や幹の瑞々しい苔が息を飲むような美しさです。

その奥入瀬渓流の苔を楽しむ「苔ガールステイ」という宿泊プランを提案しているのがこのホテル。苔を愛でながらの散歩や、苔玉づくり、苔をテーマにしたカクテルなど、スペシャルなメニューがたくさん。苔の魅力を満喫できるのです。

 

4

サブー5

海洋深層水で心と肌を癒やすオーベルジュ&スパ

 

「星野リゾート ウトコ オーベルジュ&スパ」は、海洋深層水のプールを使ったディープシーテラピーを特徴とする宿。

海洋深層水とは水深200m以上の深海の水のことで、ミネラルが豊富で清浄性が高く、肌の新陳代謝の促進や優れた保湿などの効能があります。

このホテルがある高知県の室戸岬は、陸地から急激に深くなった独特の地形を活かして、700m~1000mの深海から海洋深層水を汲み上げています。「星野リゾート ウトコ オーベルジュ&スパ」はその海洋深層水をそのままプールへ注いでテラピーに使用。まるで美容液に包まれているような心地よさで心と身体が癒やされます。

 

サブー6

サブー7

沖縄の「島時間」にたっぷりと浸かれる旅

沖縄の「星野リゾート リゾナーレ 西表島」では「秘境イカダクルーズ」を提案。

西表島は島の90%が手つかずの亜熱帯のジャングルで、数千年前と変わらない景色と静けさを味わえます。そんな贅沢な時間を夕暮れどきの海で、スパークリングワインを飲みつつ、イカダで漂流しながら楽しんでしまおうというプラン。

ほかにも、マングローブがつくりだしたばかりの新鮮な空気のなかで、素足のまま川に入ってストレッチをしたり。深い自然に覆われた奥西表の一帯をトレッキングしたり。そんな自然と触れ合える宿泊プランがたくさんなのです。

 

サブー8

サブー9

同じ沖縄の「星野リゾート リゾナーレ 小浜島」でも新しい宿泊プランを用意。

また、ビーチハウスの一角に設けられた「島Books & Café」は穏やかに広がる海を眺めながら、コーヒーを楽しんだり、お気に入りの本を読んだりできるスペース。そこのハンモックに揺られながらの読書は、ほかにはない素敵な時間の過ごし方。

さらに、大きなハンモックの連なる「ティンガーラ ハンモック」エリアも新設され、そこで寝そべりながら見上げる星空は最高の美しさです。

 

サブー10

サブー11

一方、「星野や竹富島」は、島文化と暮らす旅を提案しています。

八重山諸島に位置する竹富島は、600年前の生活風習や文化、伝統工芸などが、いまも息づいている土地。島全体が国立公園に指定され、赤瓦の家々の立ち並ぶ町も国の伝統的建造物群保存地区になっています。

「星野や竹富島」は、そんな島の家と同じように竹富島の伝統を守った木造一戸建ての客室で、ゆったりと流れる「島時間」を体験できるのが特徴。また、三線を奏でたり、民具を編んだり、芭蕉糸を紡いだり、島人たちと触れ合い過ごすことのできる時間をさまざまに用意。島文化にたっぷりと浸かれるのです。

 

キャプチャ

日本初の本格グランピングリゾート

そして10月30日にオープンする「星のや富士」は、とっておきの新しい提案をする新しい宿。それが同ホテルのコンセプトである「グランピング」。

「グランピング=Glamping」とは「グラマラス=Glamorous」と「キャンピング=Camping」を組み合わせた造語で、いま、世界中で大トレンドとなりつつある新しいスタイルのアウトドアキャンプ。ホテルや宿泊施設がテントやグリルなどを用意することで、手軽に、豪華に、アウトドアを楽しむことのできる宿泊プランです。

 「星のや富士」は、その感動を富士山の育んだ雄大な自然のなかで提供。まさしく、まったく新しい旅の楽しみ方です。

 

このように、その土地ならではの自然や気候、文化、伝統などを活かした、さまざまなアクティビティを楽しむ新しい旅のプラン。それが新しい旅の楽しみ方。星野リゾートが提案する、日本の新しい旅のかたちなのです。

 

 

http://hoshinoresort.com/

 

Area