【富山県 南砺市】1日3組限定 里山情緒あふれる宿「里山のオーベルジュ 薪の音」

2016.08.07

rd850_013_01

身も心も癒やす里山のスローな時間

富山県南砺市の里山の集落に佇む、1日3組限定の宿「里山のオーベルジュ 薪の音」。合掌造りの家屋が並ぶ「五箇山」にほど近い場所にあり、周囲は山や田畑といったどこか懐かしい里山の風景が広がります。何もない自然の中でスローな時間を過ごし、宿自慢の菜園料理を堪能する……。里山のオーベルジュという名前のとおりの、極上の「自然の癒やし」を楽しむことができる宿です。

rd850_013_02 (1)
「ちょうどいいが、心地いい」くつろぎの客室

本宿は「ちょうどいいが、心地いい」の考えを追求し、最大級の居心地の良さを味わうことのできる絶妙な広さの客室を用意しています。その客室は「枝椿」「小桜」「四花菱(よつはなびし)」の3タイプがあり、それぞれに意匠が異なります。

まず「枝椿」はナチュラルモダンをコンセプトにしており、落ち着いた優しい色合いのインテリア。蚊帳を用いた天蓋風のベッドスペースも、どこか懐かしい雰囲気です。部屋の窓は2面開放になっており、のどかな里山の風景を存分に楽しめるのも特徴です。

rd850_013_03
「小桜」のコンセプトは、ジャパニーズモダン。中央に畳を敷き、また壁に和紙を用いるなど、和のテイストがふんだんに盛り込まれています。また、備え付けのテラスは宿の庭と、宿周囲に広がる田畑に隣接。よりのどかな里山の風景を楽しむことができます。

rd850_013_04
そして「四花菱」は、唯一宿の2階にある「特別室」です。室内は洋風のインテリアだけでなく、琉球畳の小上がりが備えられているなど、和と洋の両方のエッセンスを持つモダンなしつらえ。また2階にあることから、1階の客室よりも遠くまで素朴な景色を楽しめるのも、四花菱の魅力です。

rd850_013_05
のんびりと里山を眺めながらのバスタイム

意匠の異なる3つの部屋ですが、室内風呂もそれぞれにテイストが異なります。枝椿はモダンな青い陶器の浴槽、また小桜は和の情緒あふれる露天風呂テイストのヒノキ風呂、そして四花菱にはジャグジー風呂が備え付けられています。タイプは異なりますが、どの風呂も自然の風景を眺めながらの開放感あふれる入浴が楽しめます。

次ページ《豊かな自然の恵みを味わう里山フレンチ》

Area