【神奈川県 箱根】ミステリアスな竹取物語の空間「箱根 金乃竹」

2016.08.09

rd850_054_01

非日常を感じる空間で癒やされる

「箱根 金乃竹」は、箱根仙石原温泉に建つ温泉旅館。宿は「竹取物語」の話がコンセプトとなっており、随所に遊び心あふれる仕掛けが施されています。庭には「半月の水盤」と名付けられた鏡を沈めた池と、金の竹を模したオブジェが並びます。夜の帳(とばり)が下りると館内は淡い光で彩られ、オブジェがライトアップ。そして水盤には周囲の景色や美しい月が映ります。その幻想的な光景は、まるでおとぎ話の世界にいるような気分にさせてくれます。

rd850_054_02
美しい眺望を堪能するラグジュアリーな客室

客室は全10室。定員4名の客室が5室、定員2名の客室が5室となっています。全てがスイートルームですが、それぞれにコンセプトが異なっており、例えば風通しを重視した間取り・インテリアの部屋や、ライティングにとことんこだわった部屋、またプライベートエントランスが配された部屋などがあります。泊まるたびに部屋を変えて楽しむのもよいし、お気に入りの部屋にこだわって常宿とするのもよいでしょう。

rd850_054_03
趣きの異なる客室付き露天風呂

全ての客室に露天風呂を用意。客室と同じく、露天風呂も部屋によってコンセプトが異なります。中でも人気なのが「空 SORA」という客室に備え付けられた露天風呂。なんと浴槽が屋上に設置されており、箱根の街と山、そして一面の大空を眺めながらの開放感あふれる入浴を楽しむことができるのです。この眺望はまさに絶景。箱根の真髄を堪能できる特別な時間が過ごせることでしょう。

次ページ《絶品の懐石料理と至高のお米を味わう》