風情ある函館の街並みを一望する宿「望楼NOGUCHI函館」

2016.08.17

rd850_008_01

函館の街をイメージした美しくモダンな空間

函館の奥座敷といわれる「湯の川温泉」。多くの観光客が訪れる函館市街の北東部に位置し、空港から近い立地であることから多くの観光客が観光の拠点として利用する温泉街が広がります。今回紹介する「望楼NOGUCHI函館」も、この地に立つ人気宿の一つ。

rd850_008_02
重厚なコンクリートブロックのエントランスなど、館内は洗練されたデザインになっており、これは新旧和洋入り交じる函館の街をイメージしたもの。独特のモダンな雰囲気は、他では味わうことができません。

rd850_008_03
個性の異なる3種類の客室

本宿の客室は大きく3種類。まず1つ目は約120平方メートルもの広さを誇るメゾネットタイプの「SUITE」。こだわりのインテリアを配したリビングと、寝心地抜群のセミダブルベッドが備え付けられたベッドルームで構成されています。全部で3部屋あり、琉球畳敷きの和室があるなどそれぞれに趣が異なるのも特徴。上質なひとときを過ごすことができるラグジュアリーな空間が広がります。

rd850_008_04
2つ目は「大正ロマン」をコンセプトにした「WAMODERN」です。こちらはレトロな調度品が並ぶ寝室と、落ち着いた和室で構成された客室。クラシカルなランプや、ステンドグラスをあしらった寝室は、どこか懐かしい雰囲気を感じるモダンな空間です。家族旅行などでも落ち着いて過ごすことができるでしょう。

rd850_008_05
3つ目は「OHITORISAMA」と名付けられたシングル客室です。客室の名前のとおり、一人でものんびりとした時間が過ごせるようにインテリアが整えられており、自分だけのリラックスタイムを堪能できます。部屋は「洋モダン」と「和モダン」の2種類があり、和モダンは琉球畳に低めのベッドを配したスタイル。好みに合わせてチョイスできるのもうれしいポイントです。

次ページ《「絶景」としか言いようがない天空からの景色》

Area