文豪に愛された情緒あふれる極上宿 4選

2016.08.24

文豪をインスパイアした歴史的名宿で「おこもり滞在」はいかがですか?

かつて文豪と呼ばれた特別な作家たちがいました。彼らが逗留し傑作をものにした名旅館には、今も訪れる者の創造力をかき立てる特別な力が宿っているようです。

1.【山口県・山口湯田温泉 松田屋ホテル
bungou1bungou2
司馬遼太郎が愛した幕末の面影が残る名宿

明治維新を成し遂げた偉人たちが集い語り合った場所として大変有名で、幕末の歴史小説を多く残した司馬遼太郎が逗留した宿です。代表作「竜馬がゆく」には坂本竜馬が湯田温泉で入浴したという場面が出てきます。司馬は居心地の良い書院・数寄屋造りの部屋で美しい日本庭園を眺めながら、幕末という激動の時代に思いを馳せたに違いありません。

【こちらの宿の詳細はこちら】
山口湯田温泉 松田屋ホテル:「プレミアム温泉」vol.24 石井宏子 

 

2.【静岡県・落合楼 村上】
bungou3bungou4
古き良き時代を残す、まさに「文豪に愛された宿」

島崎藤村、北原白秋、梶井基次郎など名だたる作家たちが滞在した明治創業の名宿です。伝統的な日本建築と洋館のテイストが見事に調和したレトロモダンの美しい建物は、国の有形文化財にも登録されています。宿のある伊豆・天城は数多くの文学作品の舞台にもなっていて、様々な場所で美しい日本の心触れることができます。

【こちらの宿の詳細はこちら】
梶井基次郎ら文豪・歌人たちが愛した温泉宿「落合楼 村上」

 《次ページへ》

Area