旅行

松代城と真田邸:「美しき城」 vol.40 萩原さちこ

2016.10.31

rd850_matsushiro-1

信玄が築いた最前線基地

古くは海津城といわれ、かの戦国武将・武田信玄が上杉謙信との戦いに備えた最前線のひとつとした城です。外堀となって城を守るのは、信濃川水系の本流である千曲川。設計は、信玄の命を受けた軍師の山本勘助が担当したといわれています。信玄と謙信が戦った第4次川中島の戦いでは、信玄がこの城を基地とし、ここから出撃したとも。すぐ近くには決戦場となった川中島古戦場(八幡原史跡公園)があり、伝説の両雄一騎討ちの銅像は歴史ファンに人気の撮影スポットになっています。

 

次ページ《武田の城から真田の城へ》

Area