旅行

【兵庫県 有馬温泉】限定 3室の特別な離れ「兆楽 別邸 宿籠もり 紫貴」

2016.11.02

rd850_027_01

自家温泉の金泉、銀泉を堪能できる宿! 特別な日にふさわしい別邸

兵庫県にある有馬温泉は、清少納言の「枕草子」にも登場する日本を代表する温泉地。「兆楽」は、有馬温泉の中でも、金泉、銀泉の両方の自家温泉(*)を有する宿として温泉好きの間でも有名です。「兆楽 別邸 宿籠もり 紫貴」は、特別な人と特別な時間を過ごしたい、というニーズに応えて2006年に新しく造られた「兆楽」の別邸です。

「紫貴」は、くぬぎ林の中にある数寄屋造りの建物となっており、その静謐な佇まいはまさに大人のための隠れ宿。特別な時間を過ごすのにふさわしい風情です。ちなみにこの「紫貴」は、「第37回 プロが選ぶ日本のホテル・旅館100選」で選考審査委員会特別賞を受賞しています。

*金泉は神代に発見されたとされる有馬温泉の源泉で、種別は含鉄ナトリウム塩化物強塩高温泉。銀泉はラジウム泉。

rd850_027_02
細部にまでこだわったしつらえ 有馬温泉を堪能できる充実のファシリティー

「紫貴」は1日わずか3組限定の宿。客室は「有明桜 [和洋室]」「湯山もみじ [和室]」「有馬藤 [洋室]」の3室があり、いずれも細部にまでこだわった贅沢なしつらえとなっています。例えば「有馬藤」に配されたテーブルは屋久杉の一枚無垢板を用いたもの。訪問者は気付かないかもしれませんが、このような細部にまで目配りされた宿なのです。

また、「宿籠もり」という惹句にふさわしく、各室に露天風呂が付いているだけでなく、足湯、ラジウム泉蒸し風呂など、有馬のお湯を堪能できるようになっています。

rd850_027_03「有馬藤」の客室付き露天風呂です。

rd850_027_04こちらは貸し切り露天風呂。目の前には森が広がっています。

rd850_027_05「有明桜」の濡れ縁にある足湯です。

「紫貴」に宿泊する人は、心ゆくまで金泉、銀泉のお湯を楽しめることでしょう。

 

次ページ《兵庫県は食材豊富な美食の地 》

KEY WORD

Area