柴犬連載 SHIBA JAPAN vol.2

“旅する柴犬”だいふくが誘う、ニッポンの行楽

2017.01.27

rd1700_top_daifuku


「旅に出たい!」「お出かけしたい!」
そんな気持ちにさせる柴犬のInstagramがあります。それが、@daifuku_channel。主役のだいふく(3歳)は、いま25万人以上のフォロワーをもつ次世代の柴スターです。

基本的には神奈川県のお家での日常が投稿され、それがまたクセになるかわいさなのですが、たまのお出かけの写真が素晴らしい。飼い主・後藤さんとの散歩や旅行が、まるでニッポンの観光大使のごとく、旅心をそそります。英語・中国語にも翻訳されるこの柴犬連載、だいふくから始まるインバウンドもあるかもしれません。

ではさっそく、だいふくがナビゲートするニッポンの情景をご紹介。

 

お花畑&紅葉編
フォロワーからの人気も高いトップ画面の写真とこちらの1枚は、茨城県「国営ひたち海浜公園」が舞台。 

まるで“いいちこ”のポスターのような完成度の高さです。トップ画面の青いネモフィラの花は5月、赤いコキアは10月が見頃。

続いて季節をおって、一挙にいきます!

4月、埼玉県「羊山公園」のソメイヨシノ。桜×柴犬のコラボは国宝級!

 

同じく「羊山公園」での芝桜。9種40万株もの芝桜が咲き誇ります。

 

6月、近所の散歩道で咲いていたあじさいと。

 

7月、群馬県「たんばらラベンダーパーク」にてこのスマイル。

 

8月、神奈川県座間市の「ひまわりまつり/栗原会場」でひまわりに囲まれるだいふく。この場所に咲くひまわりの数はおよそ10万本!


 

ちなみにひまわりが咲く季節、だいふくはスイミングにもいそしんでいました。

「実はもともとあまり運動が好きじゃない犬だったんです。でも小柄で足も弱かったし、運動しないわけにはいかない。鍛える意味で泳ぎを練習させたら、いつの間にか得意になっていました」とは後藤さん。ワンコ専用のプールでは、後藤さんに向かって25mまっすぐ泳ぎきるそう。

 

季節はめぐり、11月には東京・八王子の「高幡不動尊」へ紅葉を見に行きました。

鮮やかな紅葉に純白の胸毛が映えます。

 

東京都町田市の小山田緑地では、落ち葉と同化……

かわいいにもほどがある!!

 

次ページ《 ちょっと休憩、お家編 

関連キーワード

Area