旅行

高野山の宿泊観光にはゲストハウス「Kokuu」

2015.11.13

rd850_koyasan42
和歌山県の北部、標高約900mの山々からなる高野山は、弘法大師・空海が開いた真言密教の道場として知られています。2015年は、その開創1200年にあたる記念すべき年ということもあり、国内はもちろん海外からも、独特の日本文化と歴史にふれられる旅先として、熱い注目を浴びています。そんな高野山に、2012年に誕生した新しいタイプの宿泊施設が「高野山ゲストハウスKokuu」です。

宿坊が主流の高野山では、初のゲストハウス

真言密教の聖地・高野山での宿泊というと、まず宿坊(寺院の宿)が思い浮かびます。実際、高野山の宿は宿坊が主流で、「Kokuu」は高野山で初のゲストハウスなのだそう。

ゲストハウスは、海外によくある素泊りの簡易宿泊施設で、比較的リーズナブルに利用できるのが特徴です。主にバックパッカーが利用する安い宿というイメージがありますが、近年は日本国内でも、従来のゲストハウスのイメージを覆すおしゃれできれいな施設が増えていて、安く旅したい若者はもちろん、居心地を重視する女性や大人世代にも人気を集めているようです。Kokuuも、そんな新しいタイプのゲストハウスの一つと言えるでしょう。

rd850_koyasan23

柱が木立のように並ぶ独特の建築が斬新!

外観は、ペンション風の一軒家。シックなグレーの壁面には、「Koyasan Guest House Kokuu」の文字。中へ入ると、何本もの白い柱がずらりと連なる異空間が広がっており、想像以上のスタイリッシュさに驚かされます。

宿泊料金は、一番安い「マウンテンカプセル」が一人3500円。カプセルの中は、無駄を削ぎ落したシンプルで小さな空間ですが、ドアの内側から鍵を閉めてプライベートを保てますし、何より清潔で白い空間が心地よく、リラックスして過ごせます。カプセルタイプのほかに、定員2名の「ダブルベッドルーム」や定員3名の「ダブルベッド&ロフトベッドルーム」も選ぶことができます。

rd500_koyasan26

一人旅でもアットホームに過ごせる

客室での飲食はできませんが、共用のリビングダイニングがあり、ここで朝食(有料・要予約)をとったり、自由にくつろいだりすることができます。海外からの旅人も多く、リビングで旅人同士の会話や交流が生まれるのは、ゲストハウスならではの楽しみ。また、高野山の二大聖地の一つ「奥の院」に近いので、観光・参拝にも最適の立地と言えます。

大阪や京都から高野山へは、電車で約2時間。空海は、この自然豊かで静かな山地を、あえて僧侶たちの修行の場所として選んだと言います。都会の観光スポットにはない奥ゆかしさと荘厳さが高野山の魅力。皆さまも歴史ある聖地・高野山で、未知の空間や人に出会う旅に出かけてみませんか?

 

高野山ゲストハウスKokuu
http://koyasanguesthouse.com/

 

 

Area