100名限定のとっておきの紅葉鑑賞 鹿王院夜間特別拝観

2017.10.14

img_140555_1
嵐山近くの紅葉スポットとして人気の覚雄山鹿王院(京都市右京区)で、11月26日(日)から12月9日(土)までの期間、昨年に続き今年も夜間特別拝観が実施されます。山門から約300メートル続く石畳の参道、舎利殿、庭園が柔らかな光でライトアップされ、昼間の通常拝観とはまったく違う趣が楽しめます。夜間特別拝観は事前申し込み制で、各日定員100名限定(先着順)。

日本最初の平庭式の枯山水庭園が、京都市指定名勝に指定されており、紅葉の隠れ名所としても知られている鹿王院。足利義満が康暦二年(1380年)に禅寺「宝幢寺」を創建、同時に開山塔として建立されました。建立の際、野鹿の群れが現れたことから鹿王院と名づけられたと伝わります。宝幢寺は京都十刹第五の名刹でしたが、応仁の乱により焼失、鹿王院のみが再興され往時の姿を今に伝えています。

歴史ある鹿王院で、美しく染まった紅葉が照らし出される夜を堪能してみてはいかがでしょう。

img_140555_2 

期間:
11月26日(日)~12月9日(土)

時間:
17時30分~19時30分(受付終了:19時)

 アクセス:
嵐電「鹿王院駅」より徒歩約4分
阪急「嵐山駅」より徒歩約18分

拝観料:
1,500円(茶菓、拝観記念品付き) 
※1日100名まで(先着順)

お申込み:
http://randen.keifuku.co.jp/
※お電話での申し込みは不可。ホームページよりのみ可。

お問合わせ:
075-277-2877(京福電気鉄道株式会社 沿線担当)