満月の下、夜の沖縄・ニライビーチで「イジャイ」体験

2017.10.23

main

沖縄本島の中でも特に歴史と文化を色濃く残す読谷(よみたん)村の「ホテル日航アリビラ」。
11月4日(土)、12月3日(日)、2018年1月1日(月)、 1月30日(火)の4日間限定で、夜行性の海の生き物を観察する体験ナイトプログラム「イジャイ」が開催されます。

sub1

「イジャイ」は、冬の沖縄の海の風物詩の一つで、沖縄の方言で「夜の潮干狩り」を意味します。春から夏のシーズンに行われる潮干狩りは、潮が最も引く日中に行われますが、「イジャイ」は最も潮が引く冬季の夜、大きく潮が引く満月の夜に行われます。また、年末にかけての大潮は一年で一番潮が引く時期となり、沖縄ではひとびとが夜懐中電灯を持って海の浅瀬でタコやエビ、魚や貝などを捕るとのこと。アリビラの「イジャイ」では、満月が美しい夜のニライビーチをガイドとともに歩きながら、夜行性の生き物やひっそりと岩陰に潜む生き物の姿を観察します。 夜の海を遊ぶという「夜の潮干狩り」の要素を取り入れながら、「自然を感じ、自然を学ぶ」ことができるアリビラオリジナルの「イジャイ」をこの冬体験してみては。

sub4
干潮時

 

ホテル日航アリビラ プログラム「イジャイ」
所在地:〒904-0393 沖縄県中頭郡読谷村字儀間600
アクセス:那覇空港より自動車で約60分、 空港リムジンバスゆうな号またはエアポートライナーで約80分
開催日:2017年11月4日(土)、12月3日(日)、2018年1月1日(月)、1月30日(火)
開催時間:23:00~ 約60分
料金:一名 4,000円(税込)※マリンブーツ込み
対象:中学生以上、宿泊者のみ
お問い合わせ先:098-982-9111(エデュテイメントルーム 営業時間 9:00~21:00)
https://www.alivila.co.jp