1日2組限定のプレミアム旅館「花の雲 別荘」

2015.12.09

rd850_135_01
特別な日に泊まりたい安らぎの宿 

日本人が海外旅行に出掛けなくなっているといいます。国土交通省・観光庁が「日本人の海外旅行の促進」に努めているほどです。日本人が海外旅行に行かない理由は、海外に行っても日本ほどのホスピタリティーを得られないから、ともいわれています。

日本の旅館のホスピタリティーは素晴らしく、それは世界トップクラスといっていいでしょう。どの旅館でも「クオリティーの向上」に努めていますが、その中でも特にハイクラスの宿が「花の雲 別荘」です。

rd850_135_02
「花の雲 別荘」は海を望める高台にある古民家の宿で、「閑」と「悠」の2棟から成っています。2棟がそれぞれ客室になっており1日2組限定です。

この古民家は長野と群馬から移築されたもの。重厚で趣深く、そのたたずまいは訪れる人の心を静かに捉えます。

建物内に足を踏み入れると、その風格に心打たれます。使い込まれた板敷きの鈍い光、風雪に耐えた天井の梁。喧噪の街では決して味わえないゆったりとした気持ちになれるでしょう。

rd850_135_03
柔らかな光が満ちる居間はまさにくつろぎの空間。テラスの椅子に座れば伊豆高原の爽やかな風を感じられます。

rd850_135_04
ベッドサイドには風合いの良いワークデスクがありますが、この別世界では仕事のことは忘れたいものです。ベッドは大きく、硬めのスプリングが旅人の体をしっとりとホールド。心地よい眠りを保証してくれます。

rd850_135_05
海を見ながら温泉に入れば至福の時間。晴れた日には大島が見えます。夜になれば大島の灯りを望みながらお湯に漬かれます。身も心もほぐされる一時が味わえるでしょう。

rd850_135_07 rd850_135_06
旬の素材を巧みな技で調理した食事も格別です。八寸から水菓子まで隙のない料理が供されます。おいしいものを食べ慣れているグルメな人でも十分に満足するのではないでしょうか。夕食・朝食ともに訪れる人をうならせるクオリティーの高さです。

「花の雲 別荘」は泊まってみたいと思う人の多いプレミアムな宿です。「花の雲 別荘」には、「このホスピタリティーは日本ならではのもの」と実感できる素晴らしさがあります。特別な日にあなたの特別な人と利用するのはいかがでしょうか。

 

■お問合せ
花の雲 別荘
住所:静岡県伊東市富戸925-48
電話:0557-33-1155
http://www.hananokumo-bessou.com/index.html

写真:©花の雲 別荘
(高橋モータース@dcp)

 

Area