冬だけの絶景、蔵王ロープウェイの「樹氷ライトアップ」

2015.12.14

rd850_121_01
思わず息を飲む美しく幻想的な景色

平均気温マイナス10-15度の厳しい気象条件で成長する珍しい現象の一つに「樹氷」があります。これは濃霧や水蒸気が樹木に着氷して起こる現象のこと。日本では山形県の蔵王の樹氷が特に有名です。

rd850_121_02
氷や雪で覆われた樹氷は別名「アイスモンスター」と呼ばれ、山形市の「蔵王ロープウェイ」ではその景色が広大に広がり、絶景としか言いようがありません。

そんな蔵王の樹氷ですが、冬の期間はライトアップされ、より幻想的な風景を作り出します。

ライトアップは遠方に夕日が広がる17:00から始まります。運が良ければ、夕闇に染まる空とライトアップされた樹氷を同時に見ることができます。また、複数の光の色でライトアップされるため、樹氷の一部が美しいグラデーションカラーに。うっとりするほどの景色が広がります。

rd850_121_03
ロープウエー(山頂線)のゴンドラから、美しい樹氷を見下ろすことも可能です。

rd850_121_04
場所によっては、ライトアップされた樹氷と麓の夜景を同時に楽しめます。その幻想的な風景は時を忘れるほどの美しさ。

rd850_121_05
別世界のような樹氷に囲まれた回廊

ライトアップ期間は、鮮やかに照らされた樹氷のすぐそばまで近づくことのできる『樹氷幻想回廊』というツアーも実施されます。これは「ナイトクルーザー号」という特殊車両に乗り、樹氷が広がる地帯を巡るもの。

rd850_121_06
目の前に広がる巨大な雪と氷の塊は、畏怖を感じるほどの迫力。「アイスモンスター」と呼ばれるのが納得できる圧倒的な存在感を放ちます。

まるで別世界に迷い込んだかのような幻想的な風景が楽しめる蔵王ロープウェイの「樹氷ライトアップ」。恋人とロマンチックな夜を演出するプランに組み込んでみるのもお勧めです。

・ライトアップ期間:2015年12月26日〜2016年2月28日
・ライトアップ時間:17:00〜21:00(上りは最終19:50まで)

 

詳細は蔵王ロープウェイHPへ
http://zaoropeway.co.jp/zao/winter/lightup.html

 

写真提供:蔵王ロープウェイ

Area