佐賀県奥武雄温泉 風の森:「プレミアム温泉」vol.15 石井宏子

2015.12.19

 

rd850_kazenomori_main
谷を渡る風が心地よい自分だけの温泉

山ひとつが宿。プライベートな露天風呂からは風を感じる森の風景。およそ5,500坪の森の中に一軒家スタイルの離れが点在、メイン棟でチェックインをしたらカートで竹林を抜ける山の小道を登っていきます。

7室それぞれが異なるインテリアで、ワイドサイズに特注したシモンズ製のローベッド。ツインタイプとスイートタイプのお部屋があります。各棟には広いデッキがあり、森や山の景色を楽しむプライベート温泉がついています。ゆとりの空間で谷を渡る風を感じながら、いつでも好きな時に温泉に入れる幸せは何よりも贅沢な旅時間です。

透明な温泉に入ってみるとビックリ。こっくりとした“とろんとろん”のとろみを感じます。香りや色など強烈な主張があるわけではない分、この感触のギャップに驚いて思わず笑ってしまうほどです。この宿だけの自家源泉は濃厚で純度の高いナトリウム-炭酸水素塩泉。成分総計が3590mgもあり、そのうちの約95%が重曹成分という驚異的な純重曹泉。肌の汚れや古い角質を落としてなめらかにしてくれるスーパー美肌の湯です。

rd420_kazenomori_sub01rd420_kazenomori_saub02
ふたり旅を楽しむ森のバーラウンジ

森の奥には一軒家の大きなバーラウンジ。プライベートな別荘にいるように、静かな時間が待っています。近年はゆったりとしたパブリックがあるかどうかも宿の人気を左右する大きな要素になっています。ここはセルフバーになっていて、好きなドリンクを好きなグラスでいただいて自己申告でチェック。この自由さがリピーターを生んでいる秘訣なのかもしれません。夕暮れを待つ時間に森を散歩して、木々の温もりを感じる場所で居心地のいい椅子を見つけてグラスを傾ける。そんな大人だけの楽しみが詰まった場所です。

rd850_kazenomori_sub03

rd500_kazenomiori_sub04

rd850_kazenomori_sub05
玄界灘と有明海の魚と佐賀産和牛のステーキ

夕食の時間になると、カートでお迎えがやってきます。メイン棟の食事処は全て個室。木々の緑を眺めながら、ふたりでゆっくり食事ができます。佐賀は美味しい物好きにはたまらない土地です。玄界灘の荒波で育った魚と、ミネラル豊富な有明海の恵みの両方が集まってきます。佐賀産和牛は、佐賀の豊かな大地と水、ストレスフリーで育てられた黒毛和牛で、ステーキにした時の甘くてコクがある旨味は記憶に残る美味しさです。

 

奥武雄温泉・風の森
http://www.kazenomori.biz/

 

取材・文 石井宏子
http://www.onsenbeauty.com

 

【石井宏子の〈プレミアム温泉〉】一覧記事はこちら
http://www.premium-j.jp/hiroko-ishii/

【石井宏子の〈ここにしかない日本〉】一覧記事はこちら
http://www.premium-j.jp/hiroko-ishii_reports/

 

石井PP3《プロフィール》

石井宏子 

温泉ビューティ研究家・トラベルジャーナリスト

温泉の美容力を研究する日本でただひとりの温泉ビューティ研究家。生涯旅人の人生をスタートして年200日ほど日本・世界を旅する。雑誌やサイトなど多数の 連載コラムを執筆、テレビ・ラジオにも出演。温泉地の自然環境にも着目し、ドイツにて「気候療法士」資格を取得。温泉、水、自然環境、食事など旅を通じて、心も体もきれいになる新しい旅“ビューティツーリズム”を提唱。外資系化粧品会社、海外ブランドのマーケティング・広報の経験を生かし、温泉地のブランディングや企画もサポート。プレミアムジャパン“PREMIUM JAPAN”のトラベル・キュレーターに着任。日本温泉気候物理医学会会員、日本温泉科学会会 員、日本旅のペンクラブ会員、公式サイトhttp://www.onsenbeauty.com

 

 

Area