日本語 | English | 简体中文 | 繁體中文

屋根がシードル・ゴールドに輝く「弘前市芸術文化施設」が2020年に開館

2017.12.12

01exterior 2_fin
ミュージアム・ロードからのメインアプローチ  ©ATELIER TSUYOSHI TANE ARCHITECTS

弘前市に残る、吉野町煉瓦倉庫が2020年度春に向けてリニューアルし、「弘前市芸術文化施設」(仮称)として開館します。
吉野町煉瓦倉庫がある土地は、明治時代、青森のリンゴ栽培の開拓期において本格的な栽培がおこなわれた場所のひとつです。1907年に酒造工場として建造した煉瓦倉庫は、戦後はリンゴを原料としたシードルを日本で初めて生産しました。その後、倉庫となり、110年の歳月を経て、今もなお立ち続けています。2002年から2006年の間、弘前市出身の芸術家・奈良美智氏が数回展示会を開催するなど、市内外において知名度が高い建物であり、吉野町緑地とともに中央弘前駅、最勝院五重塔、そして岩木山を望むことができる、市の景観づくりやまちづくりにおいても重要なポイントとなる場所です。

近代文化遺産が壊され、世代から世代へと受け継がれた土地の記憶を失い続けているように見受けられる近年の日本。そんな中、煉瓦倉庫が「世界のアート」が体験できる美術館として生まれ変わります。改修を担うのは、建築家の田根剛氏が主宰するATELIER TSUYOSHI TANE ARCHITECTS。「きわめて先進的な内外のアートの紹介の場」、「現代の科学技術やデザインの発展を若い人々とシェアすることができるクリエイティブハブ」、「地域の住民がアートやデザインを学び、集うコミュニティのための場」、そして「所蔵品、レジデンス事業、企画展という3つの機能をつなぐ基盤」の4つを理念として掲げ、アートの感動を弘前にもたらし、人々が創造性の喜びへと向かう一連の流れをつくり出すことを目的に活動が始まります。「つくること、みせること、そしてそれを収蔵して歴史に残すこと」、という他に例のない一連の流れが、驚きと感動に満ちた体験の場をつくり出します。

elevation_fin
西立案図  ©ATELIER TSUYOSHI TANE ARCHITECTS

Présentation PowerPoint
新しい風景をつくるシードル.・ゴールドの屋根  ©ATELIER TSUYOSHI TANE ARCHITECTS

老朽化した屋根は光によって移ろう「シードル・ゴールド」の屋根葺に、経年によって傷んだ外壁は全て「赤煉瓦」で覆われます。A棟は市民に開かれた文化施設として様々な活動が行われ、B棟は倉庫の持つ空間性を活かした大型展示空間となります。またC棟は「シードル・カフェ」として再生することでアートと市民を繋ぐ吉野町緑地の中心の場所を担います。そして、「ミュージアム・ロード」はアートと市民を繋ぐパブリック・スペースとなります。

01exhibition 3_fin
高さ15mの大型展示空間 ©ATELIER TSUYOSHI TANE ARCHITECTS

02exhibition 1_fin
既存の空間を活かしたアートの展示空間 ©ATELIER TSUYOSHI TANE ARCHITECTS

04library_fin
市民文化交流が出来るライブラリー ©ATELIER TSUYOSHI TANE ARCHITECTS

弘前市がアート界における世界と日本の架け橋となる日も近いかもしれません。現代アートのクリエイティブハブとして新しく生まれ変わる煉瓦倉庫、必見です。

 

≪建築家プロフィール≫

田根 剛
1979年東京生まれ。ATELIER TSUYOSHI TANE ARCHITECTSを設立、フランス・パリを拠点に活動。2006年にエストニア国立博物館の国際設計競技に優勝し、10年の歳月をかけて2016年秋に開館。また2012年の新国立競技場基本構想国際デザイン競技では『古墳スタジアム』がファイナリストに選ばれるなど国際的な注目を集める。場所の記憶から建築をつくる「Archaeology of the Future」をコンセプトに、現在ヨーロッパと日本を中心に世界各地で多数のプロジェクトが進行中。主な作品に『エストニア国立博物館』(2016年)、『A House for Oiso』(2015年)、『とらやパリ』(2015年)、『LIGHT is TIME 』(2014年)など。フランス文化庁新進建築家賞、フランス国外建築賞グランプリ、ミース・ファン・デル・ローエ欧州賞2017ノミネート、第67回芸術選奨文部科学大臣新人賞など多数受賞 。2012年よりコロンビア大学GSAPPで教鞭をとる。

ATELIER TSUYOSHI TANE ARCHITECTS
世界各地でキャリアを積んだ多国籍のメンバー約30名で構成する国際色豊かなチームがヨーロッ パと日本を中心に世界中で多数のプロジェクトに従事している。建築の他にもインスタレーションや舞台や展覧会の空間演出を手がけるなど、分野を超えた活動が国際的な注目を集めている。