日本語 | English | 简体中文 | 繁體中文

山手線が“走るアートミュージアム”に!“TOKYO”をテーマにした「山手線グラフィック展」開催

2018.02.19

yamanote1

東京造形大学がJR東日本・山手線の車両を舞台に、グラフィック作品・映像作品等の展示を行う「山手線グラフィック展」が開催されます。テーマは”TOKYO”。
今、世界中から注目を集めるTOKYOはデザイン先進都市であり、建築、広告、商品、食など、多様な文化を育んできました。私たちも改めてTOKYOを見つめ直し、省みる良いタイミングです。TOKYOを行き交う人々に、見たことや感じたことのないTOKYOに触れ、TOKYOの魅力を再発見してほしい。そんな気持ちから、グラフィックデザインを学ぶ東京造形大学の学生による作品が山手線車内に展示されます。

yamanote2

山手線車内というユニークな開催場所については、デザインは本来、美術館やギャラリーのように限られた空間だけで観賞されるべきものではない、という同校の考えに基づくものです。デザインは社会を形成する大切な要素であり、また、人々の日常に溶け込んでこそ真価を発揮するものという考えのもと、作品展が東京の中心を周回するJR山手線で実施されることになりました。

yamanote3

学生たちの瑞々しい感性・個性が光る作品が山手線を彩る「山手線グラフィック展」は2018年2月28日までの開催です。

 

東京造形大学 山手線グラフィック展
会期:2018年2月17日(土)~2018年2月28日(水)
*車両整備等の理由で、期間中でも運休となる場合がございます。
実施車両:山手線E231系 ADトレイン 1編成
http://www.zokei.ac.jp/news/2018/7994/