日本語 | English | 简体中文 | 繁體中文

開業5周年記念イベント

インターコンチネンタルホテル大阪、4月12日より和紙アートを展示

2018.03.26


20階ロビーに展示される3つのゲートは「光のゲート」シリーズより

 

開業5周年を迎えるインターコンチネンタルホテル大阪では、1年を通して【ハッピー ラグジュアリー】をテーマにしたアートや文化に関するセレブレーションイベントが開催されます。イベントの第2弾は4月12日(木)~5月9日(水)に和紙アートの展示「和紙ワンダーメント~美しき和紙アートと光のエキシビジョン~」と題して、 京都出身の和紙デザイナー・堀木エリ子氏が手掛けた大小様々な作品6点が、ホテル1階エレベーターホールと20階ロビーやラウンジ3-60(スリーシクスティ)にて展示されます。堀木氏は「建築空間に生きる和紙造形の創造」をテーマに、空間や壁面に広がるインパクトのある大きなオブジェから、小さなものまで多岐にわたる作品を国内外で出品。和紙アートと光が織り成す幻想的な質感がホテル館内に溶け込み、魅力あふれる空間を創り出します。


展示場所の1つとなる20階ロビー

現代的でありながら、大阪の街や日本の伝統要素を色彩や形などのディティールに取り入れたコンテンポラリーラグジュアリーなインテリアと、常に感動と気づきを与える堀木氏の和紙アートの調和をホテルで感じてみては?

 

「和紙ワンダーメント~美しき和紙アートと光のエキシビジョン~」

日程:2018年4月12日(木)~5月9日(水)
展示場所:
インターコンチネンタルホテル大阪
〒530-0011 大阪府大阪市北区大深町3-60
 1階/「光屏風」「光テーブルshirabe」「ライトオブジェMOKU」
 20階/「光のゲート」「伎楽面トルソー」「ライトオブジェSachi/Fuku/Tori」
問い合わせ先:06-6374-5700(ホテル代表)