日本語 | English | 简体中文 | 繁體中文

京都五花街の舞妓芸妓を撮り下ろし。『蜷川実花写真展 UTAGE 京都花街の夢 KYOTO DREAMS of KAGAI』が京都で開催。

2018.04.08

 蜷川実花写真展01

写真家で映画監督の蜷川実花さんが京都の舞妓芸妓を撮り下ろした作品が、2018年4月14日(土)から5月13日(日)まで美術館「えき」KYOTOにて開催される『蜷川実花写真展UTAGE 京都花街の夢KYOTO DREAMS of KAGAI』で公開されます。

今回展示されるのは、京都の伝統的な美学の粋が蓄積された“花街”と四季折々の美しい京都の“景色”から構成された約80点。京都五花街(祇園甲部、宮川町、先斗町、上七軒、祇園東)から各3人、計15人の舞妓芸妓を選び、一人一人のイメージに合わせて一から創り上げた美術セットで撮影された作品です。

蜷川実花写真展02

鮮やかで幻想的な蜷川実花ワールドの中で舞う、京都の伝統と文化を守り伝える舞妓芸妓達。2年以上の月日をかけて創り上げられたという本作品は、2018年4月26日(木)に『蜷川実花写真集trans-kyoto』としても刊行され、今写真展で先行販売されます。

蜷川実花写真展03

『蜷川実花写真集trans-kyoto』

先日、京都国際観光大使に任命された蜷川実花さん。その任命式の際に彼女は、「京都は完成度が高いまちで、キャリアを積み重ねてやっと表現できるようになった」と語っています。当代随一の実力と人気を兼ね備えた写真家にすら難易度が高いと言わしめる京都を、どう表現しているのか。この春、見逃せない写真展のひとつです。

 

◆蜷川実花写真展「UTAGE 京都花街の夢KYOTO DREAMS of KAGAI」
会期:2018年4月14日(土)~5月13日(日)
会場:美術館「えき」KYOTO(京都駅ビル内ジェイアール京都伊勢丹7階)
開館時間:10:00〜20:00(最終入館閉館30分前)
入館料:一般900円/高・大学生700円/小・中学生500円
お問合せ:075-352-1111(ジェイアール京都伊勢丹大代表)
http://kyoto.wjr-isetan.co.jp/museum/
http://kyoto.wjr-isetan.co.jp/museum/exhibition_1805.html

◆『蜷川実花写真集trans-kyoto』
定価:30,000円(税抜)
発売日:2018年4月26日
発売元:パイ インターナショナル