日本語 | English | 简体中文 | 繁體中文

ボーダレスに解放されたデジタルアートの世界へ飛び込もう。「森ビル デジタルアート ミュージアム:エプソン チームラボ ボーダレス」

2018.06.18

デジタルアートミュージアム01

コンピューターグラフィックスに代表されるデジタルアートは、今や画面の枠を飛び出し、プロジェクションマッピングやVRなど、私たちが作品世界を体感できるアートへと進化を遂げています。このほど、デジタルアートの先駆者として知られるチームラボが森ビルとタッグを組み、世界に先駆けてデジタルアートの美術館をオープン。世界初公開の作品を含む、約50作品が展示されます。

2018年6月21日(木)、東京・お台場のパレットタウンにオープンする「森ビル デジタルアート ミュージアム:エプソン チームラボ ボーダレス」は、10,000㎡という巨大空間でアート作品を展開する世界初のデジタルアートミュージアム。館内は“Borderless(ボーダレス)”をテーマに5つの世界で構成されていますが、作品同士の境目がなく、作品と鑑賞者の境界すら存在しないのが特徴。作品は展示室を飛び出し、通路を移動して他作品と共鳴して融合し、鑑賞者をもその世界へ取り込んでいきます。

デジタルアートミュージアム02

「人々のための岩に憑依する滝、小さきは大きなうねりとなる」

ほかにも、光が溢れる3D空間でボルタリング体験ができる「チームラボアスレチックス 運動の森」、フルーツが実る滑り台やお絵かき水族館で学びと創造を楽しむ「学ぶ!未来の遊園地」など、心も体も満たされるアート体験が待っています。

デジタルアートミュージアム03

「光の森の3Dボルタリング 」

また、「EN TEA HOUSE」では、一服の茶に花々を投影し、器の中に広がるアートと共にお茶を楽しむことができるそう。「水出し茶」や「ゆず緑茶」(各500円)などをゆっくり味わいましょう。

デジタルアートミュージアム04

「小さきものの中にある無限の宇宙に咲く花々」

世界の注目が東京に集まる2020年を目前に控え、魅力ある街づくりや施設の建設が急がれる中、湾岸エリアでまた新たなスポットが誕生。このミュージアムでは、私たちの存在と作品とがボーダレスに融合する、未来のアートの姿を垣間見ることができるはずです。

 

 

◆森ビル デジタルアート ミュージアム:エプソン チームラボ ボーダレス
所在地:東京都江東区青海1-3-8(お台場パレットタウン)
開業日:2018年6月21日(木)
営業時間:月~木11:00~19:00(21:00)、金・祝前日 11:00~21:00(22:00)、土 10:00〜21:00(22:00)、日・祝日10:00〜19:00(20:00)
※最終入館は閉館の1時間前
※()内は6/21(木)〜8/31(金)までの特別延長時間
※営業時間はシーズンによって異なります。詳しくは公式サイトをご確認下さい
休館日:第2・第4火曜日
料金:一般/高・大学生3,200円(※6月21日~7月31日までは2,400円)、子ども(4歳~中学生)1,000円(以上税込)
http://borderless.teamlab.art/jp