日本語 | English | 简体中文 | 繁體中文

香りという視点で日本文化をリシンクする個展を開催。「NORITAKA TATEHANA RETHINK―舘鼻則孝と香りの日本文化―」

2018.08.30


源氏香の図をモチーフとした新作香炉の一部

レディー・ガガが身に付けたことで話題となった超厚底の「ヒールレスシューズ」。花魁に関する研究を始めとして、日本の伝統文化から着想を得た作品制作で世界に名をとどろかせる舘鼻則孝氏の代表作です。そんな舘鼻氏が“香りの日本文化”にフォーカスして、日本古来の伝統的な手法やデザインをリシンクした個展が東京・九段で開かれます。

1927年に竣工したスパニッシュ様式の邸宅、旧山口萬吉邸(kudan house)を舞台に、アーティスト舘鼻則孝氏が日本文化を再考する展覧会「NORITAKA TATEHANA RETHINK―舘鼻則孝と香りの日本文化―」を開催。会期は2018年9月14日(金)から9月16日(日)までの3日間です。


代表作であるシューズの新作も登場

都の有形文化財にも指定されている歴史的建築で行われる展示では、代表作である「ヒールレスシューズ」のほか、“源氏香の図”をモチーフとした香炉を新作として公開。また、遊女の煙管から着想を得た「THEORY OF THE ELEMENTS」の最新作も登場します。これはJTとのコラボで生まれた作品で、加熱式たばこ用デバイス「Ploom TECH」の専用アクセサリーとして販売されているもの。2018年の新作は螺鈿細工と漆調の塗装が特徴なのだそう。

さらに、会場内の和室で“聞香体験”も実施。京都の老舗である松栄堂の協力の元、香木を鑑賞し日本独自の“香道”の楽しみをどなたでも体験できます。

縦5本の線を横線で結ぶことで52通りのデザインが生まれる“源氏香の図”など、日本文化の中の香りにまつわる意匠をリシンクし、舘鼻氏ならではのデザインで昇華させた作品群。日本の伝統文化を見つめ直し、独特な感性で世界のセレブをも魅了し続けるTATEHANAワールドを、いち早く体感できる展覧会です。

 

◆NORITAKA TATEHANA RETHINK―舘鼻則孝と香りの日本文化―
会期:2018年9月14日(金)〜9月16日(日)
開催時間:11:00〜19:00
会場:旧山口萬吉邸(kudan house)
   東京都千代田区九段北1-15-9
入場料:無料
会場URL:https://kudan.house/facility/