ユナイテッドアローズ 重松名誉会長が、新店「順理庵」にかける思いとは

2016.07.27

rd850_junrian02rd850_junrian02ard850_junrian02b
銘木商が選んだ木材による本格的数寄屋造

「順理庵」は、日本の伝統工法を用いた数寄屋造です。店づくりにも重松さんの並々ならぬこだわりが。

「住居の建築様式と同じにしてくださいと注文しました。住宅設計は一般的な店舗設計とはまったく違うものです。店舗設計では本当の設えのよさがわからないのでそうしました。本格的数奇屋造の木造建築に無垢の木と塗り壁、最高の住宅を店舗に当てはめてつくりました。木材は銘木匠が選びましたので、木がわかる人にはすぐわかっていただけます」

木の香が漂う店内には、メンズのジャケットとシャツ、ストール、ウィメンズのワンピースを揃えています。加えて、京都の帯匠「十代目誉田屋源兵衛」の手織生地も。シルク素材を中心に、すべて日本国内の工場で縫製されています。

また、生活道具として、建築に関わった銘木匠にセレクトを任せているという木工品や漆製品などもあります。

今後は革小物、トートバッグ、ジャケットに合わせるカフスやラペルピンなどアイテムを増やしていきます。

次ページ《和のプレゼンが最後の仕事》