日本語 | English | 简体中文 | 繁體中文

プレミアムジャパン・アートプロジェクト<建築家シリーズ> Vol.17

スケールの大きい自由な発想で建築の枠を広げる建築家     海法 圭(前編)

2017.02.20

(5)_MG_0653-min実際に建物を建てるだけが建築ではない

『水上のかもしかみち』の根底にあるのは、オリンピックのための「箱もの」を作るという発想が時代にそぐわないという認識だ。新しく建設する新国立競技場でさえ、オリンピック後に赤字が続けば壊せばいい、というシナリオがどこかに存在しないとは言い切れない。そこで海法は、従来とは全く違った発想で建築的な方法論の独自の活用を考えた。

「建築資材がある場所に集められて建物になり、いずれは解体されて廃材として捨てられる。そうしたモノが動いていくサイクルを他の産業の活性化に応用できないかと考えたときに、森林の資源活用というアイディアを思いつきました。

現在、日本の林業はさまざまな問題に直面しています。端的に言えば、伐採すれば伐採するほど赤字が増える。そこで『水上のかもしかみち』ではオリンピック予算の一部を森林資源の活性化に使うことを提案しています。仮にこれが実現すれば、50年後、100年後には、このオリンピックが日本の建築界や林業の大きな転換点だったと言えると思います」

今の社会や都市が抱える問題に対して建築家はどのような提案ができるのか。マクロな視点から社会的な問題を捉えると同時に、その場を実際に利用する個々の人間の感覚にも寄り添ったものをデザインする。このふたつの方向性を同時に兼ね添えた設計を行うことが海法の基本的な考え方だ。

「フライパンの扱いやすさで料理の味が変わるという手のひらサイズのものごとと、日々生活するまちがどうなっていくのかというまちなみサイズのものごとを、どちらも等しく大切なひとつながりの出来事ととらえています。筏の大地も、一つ一つの筏は2、3人でつくろうと思えば作れてしまうものが集合したものなわけです。日常のDIYの延長線上にまちの将来像がある感覚を共有できるしかけづくりが大切と考えています」

建築が現実に寄り添うことは重要だが、そこに傾きすぎることは視野の狭窄を招く。海法は、その弊害を乗り越えるためには想像力が有効であると考えている。想像力をバネとしてアクチュアルな問題に関わろうとする彼のスタンスは、ある種の現代アートにも通じるものだ。

「いま、政治の世界も建築の世界もリアリズムが台頭しています。リアリティは重要ですが、大多数の人が恣意的に選び取ったものをただ一つの現実とみなしてしまう、多様性に対する想像力の欠如には常に気をつけなくてはならない。多くのアーティストは、リアリズムにからめとられることなく、個人的な想像力を源にしつつ社会的な問題との関わりのなかで作品を生み出している。それに親近感を覚えます。実際に何かを建てるということにこだわりすぎず、もう少し自由な発想で建築を捉えるべきだと考えています」

(6)_MG_0794-min(2)_MG_0633-min

続く(次回は2月25日公開予定です)

【プロフィール】
海法圭(かいほう・けい)
1982年生まれ。2004年東京大学工学部建築学科卒。2007年東京大学大学院工学系研究科建築学専攻修士課程修了。2007〜2009年西沢大良建築設計事務所勤務。2010年海法圭建築設計事務所設立。2014年より東京大学建築学科非常勤講師。2016年より芝浦工業大学非常勤講師。
http://kaihoh.jp/

取材・文/鈴木布美子、撮影/岸本咲子、コーディネート/柴田直美

 

【プレミアムジャパン・アートプロジェクト<建築家シリーズ>】一覧記事はこちら
https://www.premium-j.jp/architect/