後編

世界でたったひとつをつくる、ブランド「Coci la elle(コシラエル)」/主宰・日傘作家 ひがしちかさんインタビュー

2017.03.09

rd1700_Kasa_07photo: 阿部健

何事にも正直に、清らかな気持ちで向き合いたい

ようやくペースを掴めてきた現在は、人生を共に歩むパートナーと出会い、10歳になった娘さんの弟も生まれたそう。そして、この春はコシラエルの集大成とも言えるビジュアルブック「かさ」を青幻舎より刊行。これまで撮りためてきたイメージビジュアルに加えて、この本のために撮り下ろした写真も多数収録。出版を記念して、青山のスパイラルガーデンでの展覧会も開催されました。

rd1700_DSC05097rd1700_DSC05092写真(上)/ 青山のスパイラルガーデンでの展示風景。様々な日傘、傘が天井から吊るされていて幻想的な世界が広がっていました。

「コシラエルの日傘は1点物なので、もう2度と会えなかったりするんです。本当は売りたくない物も結構あって。この本は同窓会じゃないけれど、そういった今まで自分が送り出した傘たちをまとめることができればと思って作りました。

立ち上げの時から、視覚的なものを大事にしています。見た人に何か引っかかってもらうためにも、展示会をお知らせするDMやカタログのビジュアルではインパクトが欲しいなと思って。私自身写真が好きというのもあるんですけれど、どう言ったらいいかわからない念みたいなものを、写真だったら込められるんじゃないかなと思っているんです。最初はお金がなかったので、モデルも保育園のママにお願いしたり、友達や知り合いがみんな手伝ってくれました。」

Kasa_05-minphoto: 在本彌生

「今回の本を担当してくれた編集者さんは『何か違うなと思ったら、それを解決していこう』と言ってくれました。気になることがあっても好みの問題もあるし、なかなか言いにくい。でもそんなちょっとしたもやもやを解決することが、やっぱり大事だなってこの本を作って再認識しましたね。本に限らず作品を作る上でも、もやもやをなくしてなるべく清らかでいたいと思っています。工場に対しても、スタッフに対しても、お客様に対しても、絵を描く時も。私にはそれしかできないのですが、誠心誠意、正直でありたいなと」

rdKasa_06_re
photo: 平野太呂

これからも職人さんと一緒に、笑いながら物作りを

失われつつある職人の手仕事を現代的な形で継承していく。そんなひがしさんの試みに、近年各業界から注目が集まっています。しかしひがしさんはあくまでも気負わず、敬愛する職人さんたちと物作りができる環境をただ楽しんでいると言います。

「7年間ずっと教えてくださいとお願いしていた職人さんに、先月やっと初めて『いいよ』と言っていただいて今度裁断を習いに行くんです。傘業界は後継者を作ろうという動きもあまりなく、本当に深刻な状況です。もしかしたら5年後にはコシラエルもなくなってしまうかもしれません。でもこういうと失礼かもしれませんが、私は傘業界を守ろうとか、そんな立派なことはあんまり考えられなくて。すごく半径が狭いんですよね。おつきあいのある職人さんはご高齢の方も多いので、これからも皆さんが元気で一緒に笑いながら物作りができたら、それだけで嬉しいです」

DSC05048-min【プロフィール】
ひがしちか
1981年長崎県生まれ。文化服装学院を卒業後、2010年に1点物の日傘屋Coci la elle(コシラエル)を立ち上げる。日傘の他にオリジナルプリントの雨傘やスカーフ、小物などを展開。清澄白河にアトリエを備えた「コシラエル本店」を構える。近年は本の装画や執筆も手がけ、現在リニューアル中の東京都現代美術館が主催するアートプロジェクト「MOTサテライト」のイメージビジュアルを担当。絵を軸にした布にまつわるプロジェクト「meme」のメンバーとしても活動中。2月下旬に初のビジュアルブック「かさ」を青幻舎より刊行。

Coci la elle(コシラエル):http://www.cocilaelle.com/
オンラインショップ:http://store.cocilaelle.com/

kasa_cover_H1_L-min

■ビジュアルブック「かさ」
定価:4800円(税別)

「かさ」青幻舎HP
http://www.seigensha.com/newbook/2017/01/13102254

 

■イベント情報
Coci la elle (コシラエル) ビジュアルブック「かさ」刊行記念フェア
日時:3月1日(水)~3月15日(水)
会場:代官山 蔦屋書店 2号館1階 ブックフロア
http://real.tsite.jp/daikanyama/event/2017/02/coci-la-elle.html

 

 

取材・文/大塚綾子

 

《関連記事はこちら》

【前編】日傘に想いを込める、ブランド「Coci la elle(コシラエル)」/主宰・日傘作家 ひがしちかさんインタビュー

話題の町・清澄白河を巡るアートプロジェクト 「MOTサテライト」開幕レポート