日本語 | English | 简体中文 | 繁體中文

石川県から職人技と味の店が37店舗も集結。京急百貨店「加賀・能登・金沢 食と工芸展」開催

2018.09.01


九谷焼 飾皿 吉田屋柏に鳥(山岸政山作・直径30㎝)27,000円(税込)

北陸新幹線の開業によって、ぐっと足を運びやすくなった金沢や能登半島。加賀友禅や九谷焼など日本を代表する工芸品の産地であり、海の幸も豊富な石川県から、自慢の技や味を集めた物産展が催されます。

京浜急行・上大岡駅直結の京急百貨店7階催事場において、2018年9月5日(水)から11日(火)までの7日間、「加賀・能登・金沢 食と工芸展」を開催します。加賀友禅や九谷焼、大樋焼などの工芸の店舗が14店、寿司やカツカレー、ジェラートの店など石川県を代表する食の店23店舗が一堂に会するイベントです。


牛首紬 訪問着 648,000円(税込)

ずらりとブースが並ぶ会場で、ぜひ足を止めていただきたいのは、石川県が誇る三大織物のコーナー。独特の節がある繭糸で織りあげる牛首紬、伝統的な麻織物である能登上布、自然の草木を写実的な表現で染め上げる加賀友禅の3つの工房が出店しており、高い技術と繊細な色彩表現で仕上げられた逸品を間近に見られるチャンスです。


浜茶屋百万石「炙り! のどぐろめし」1,944円(税込)各日限定20杯

さらに、九谷焼や大樋焼などの焼物、輪島塗などの漆器の展示販売も行われており、石川県各地を回らずとも1カ所で様々な工芸品に触れることができるのが魅力。金箔を使った化粧品や美肌パックなども購入できます。歩き疲れたら、イートインコーナーでお寿司や丼などの食事、スイーツに舌鼓を打つのもいいですね。工芸品の繊細な美しさや伝統の味に触れ、石川県の魅力を存分に感じることができる催しとなっています。

 

◆加賀・能登・金沢 食と工芸展
開催日:2018年9月5日(水)〜11日(火) ※5日(水)は一般会期前の特別招待日
営業時間:10:00〜20:00 ※最終日は当会場のみ17:00までの営業
会場:京急百貨店 7階特設会場
   神奈川県横浜市港南区上大岡西1-6-1
催事公式サイト:https://update.keikyu-depart.com/kqdep/topics/event/saiji_tmp01.html?p_id=61833