日本語 | English | 简体中文 | 繁體中文

アートフォトの“今”と“これから”を体感するイベント「天王洲キャナルフェス PHOTO CAMP」

2018.11.23


PHOTO CAMP会場(イメージ)

高層ビルが立ち並び、運河沿いの倉庫をリノベーションしたオシャレなブリュワリー、レストランなどが多い天王洲。周辺には大企業の社屋や高層マンションもあり、ビジネスマンから近隣に住むファミリーまで、様々な人が集まる人気のウォーターフロントエリアです。

この天王洲を舞台に、古き伝統と最新技術、働く人と住む人を結び付け、季節ごとに年4回行われるイベント「天王洲キャナルフェス」。2018年の冬は、11月30日(金)から12月2日(日)までの3日間、天王洲キャナルサイド周辺エリアで、アートフォトをテーマに展覧会やマーケットが行われます。


天王洲キャナルフェス2017 冬屋外展示の模様

ボンドストリートやボードウォークなど屋外の施設で大型のアート写真展示を行うほか、運河沿いにケータリングエリアも出現。アートファンはもちろん、どんな方でも楽しみながら最新のアートフォトに触れることができます。

多彩な催しの中でも特に、TERRADA B&C HALLで行われる「PHOTO MARKET」に注目。自ら撮影した写真を写真家自身が販売する、という新しい試みで、有名無名を問わずフォトグラファーが集まるフリーマーケットのようなもの。各ブースには、プリントや映像作品、書籍、プロダクトなどが並び、これからのアートフォト界を担う新しい才能との出会いが待っているかもしれません。 

運河沿いを散歩しながら、最新のアートフォトに触れるもよし、グルメを堪能するもよし。この冬は天王洲エリアでアートな一日を過ごしてみてはいかがでしょう。

 

◆天王洲キャナルフェス2018冬 PHOTO CAMP
会期:2018年11月30日(金)~12月2日(日)
会場:天王洲キャナルサイド周辺エリア
   東京都品川区東品川2-1-3
公式サイト:https://photo-camp.jp/