日本語 | English | 简体中文 | 繁體中文

第5回《後編》:「ローカル・ガストロノミー」が 日本の地方を活性化する

2018.02.05
kouhen1

『里山十帖』では、春先から初夏にかけて宿の周の山野で自生する山菜などを、多彩な調理方法で提供する。タイミングが合えば、シェフと一緒に摘み取りに行くことも。それはここでしか味わえない体感である。

 号でもお伝えしたが、『里山十帖』の岩佐十良さんは、新潟県を美食のエリアとして、国内外にアピールする活動を行なっている。それを観光の誘致につなげよういうわけである。これは、インバウンドを進める日本にとって、注目すべき実験の場でもある。
 というのも新潟県は、大自然や水や食材、あるいは日本酒をはじめとした発酵伝統文化の拠点でありながら、それを目当てに訪れる観光客が、不当なほど少ないからである。岩佐さんによると、新潟県は日本の米どころというだけでなく、茄子や枝豆の作付け面積が、都道府県別で日本一を誇っている。日本酒の蔵元も90以上を誇り、清酒製成数量は兵庫、京都に続き第3位。成人一人あたりの年間の日本酒消費量は13.3ℓと、他県を大きく引き離し第1位だ。観光の目的の筆頭の動機付けが「おいしいもの」になりつつある現在、新潟県は大きなポテンシャルを持った県であることは間違いない。
 にもかかわらず平成28年度度の都道府県別外国人延べ宿泊者数は約27万人弱と、全国27位に甘んじている。全国都道府県魅力度ランキングは35位。外国人が興味を持っている都道府県別ランキングは37位。旅館の宿泊稼働率に至っては、平成28年度で24%。都道府県別で46位に甘んじている。東京から新幹線に乗って数時間でいける地理的な優位性にもかかわらず、この数字はあまりにも残念ではあるまいか。逆に言えば、今の新潟県の課題と状況を分析することで、ローカル・ガストロノミーの戦略も見えて来ると、岩佐さんは指摘する。

 図1
欅苑は雪深い南魚沼市にあります。明治3年に建てられた茅葺き屋根の伝統的な田舎屋造りの古民家は、欅や桜などの木立に囲まれ、その野趣溢れる環境は旅慣れた海外のゲストをも唸らせる。

 ずは、旅館を含めた宿泊施設の魅力の掘り下げが急務だと岩佐さんは指摘する。東京から距離が近いと言うメリットは、裏を返せば新幹線で日帰りできる危うさをはらんでいる。宿に泊まられるためには、そこでしか食べれない夕食の改革が急務だとも。いわゆる旅館料理は、全国どこでも食べられる。新潟らしいガストロノミーの提案は、日帰りさせないための必須条件でもあろう。ちなみに『里山十帖』は、いわゆる“旅館料理”とは一線を画している。春先であれば宿の周辺の里山の、山野草がずらりと揃う。これら野生の植物は、流通に不向きなので宿に泊まらねば食すことができない。地元の人々は日常の食材ゆえ「それで高額を取るのか?」と驚くそうだが、都会の人にとって山野草ほどのご馳走はないのだ。

 図3
欅苑のコース料理は、5,250円と7,350円の2種類。献立は季節によって変わるが、どれも雪国ならではの旬の食材が、伝統的な調理法で提供される。

 の意味において、ぜひお伝えしておきたいのが、岩佐さんも深く関わっている雪国観光圏の取り組みである。雪国観光圏とは、国土交通省観光庁から認可を受けた、全国13ある観光圏の一つである。「UNDISCOVERD JAPAN 〜まだ知らない日本〜」というプロジェクトをご存知だろうか?(URL下記参照)

 これは、観光庁が促進するプロジェクトで、海外の観光客を日本の、地方に誘致するための様々な活動や発信を行なっている。ずばり、ゴールデンルートに代わる、日本の新たな地方の魅力の発掘が狙いでもある。現在、全国に13の観光圏があるが、その中でも最も注目されているのが、雪国観光圏なのだ。ちなみに、先ごろ、オフィシャル・サイト内で行われた投票による「全国観光圏★観光滞在プラン総選挙2017」では、雪国観光圏のプランが見事に一位に輝いた。そのプランの一部は、雪国ならではの食を味わうものであった。ちなみに、雪国観光圏は、新潟県の湯沢町、南魚沼市、魚沼市、十日町市、津南町を中心に群馬県や長野県の一部を含んだ、北緯37度のエリアをいう。この地域は、真冬には3メートルの積雪があるが、地球上において北緯37度はサンフランシスコやアテネやリスボンなど比較的温暖で、豪雪地域というのは極めて珍しい。特にユニークなのが、雪国の知恵に根ざした、豊かな食文化である。

 図4
「越後本手打ちそば
しんばし」は、南魚沼や湯沢などのそば粉を半分以上使い、看板メニューは、雪国の特徴的な「へぎそば」。手打ちによる独特な風味と食感は病みつきになる。

 夏の山野の恵み塩漬けや乾燥、あるいは発酵して蓄える美食の数々である。岩佐さんは、雪国観光圏の魅力も、そうしたローカル・ガストロノミーの要素を、強く押し出す戦略を組んでいる。現在、雪国観光圏のオフィシャル・サイトには、「雪国A級グルメ」として認定した旅館やホテル、飲食店やお土産・加工品が一覧になっているので、ぜひ、旅の参考にしてみてほしい。ここでは、岩佐さんもご推薦する、「越後本手打ちそば しんばし」と「欅苑」を取り上げておこうと思う。 僕が新潟県を観光戦略における「ローカル・ガストロノミー」の試金石と指摘するのは、以上の文脈においてである。よかったら、是非ともご自身で新潟に出向いて体験してほしいと願っている。

図5
「しんばし」のスタイリッシュな店内の一角にはガラス張りの蕎麦打ちスペースがある。ここで毎日、打ち立ての蕎麦を用意している。

 

雪国観光圏:http://snow-country.jp
UNDISCOVERED JAPAN ~まだ知らない日本~プロジェクト:http://www.undiscovered-japan.com
全国観光圏★観光滞在プラン総選挙2017:http://undiscovered-japan.com/2017jp/

 

《前編はコチラから》

 

<プロフィール>

中村 孝則(なかむら たかのり)

コラムニスト。1964年神奈川県葉山町生まれ。ファッションからカルチャー、旅やホテル、ガストロノミーからワイン&シガーまで、ラグジュアリー・ライフをテーマに、執筆活動を行っている。また最近は、テレビ番組の企画や出演、トークイベントや講演活動も積極的に展開している。現在、「世界ベストレストラン50」日本評議委員長も務める。剣道教士7段。大日本茶道学会茶道教授。