日本語 | English | 简体中文 | 繁體中文

スイカに合う塩:「本日もいい塩梅」vol.9 青山志穂

2016.07.08

Sio09-03
スイカの甘味を濃厚にしてくれる「ひんぎゃの塩」

次に、甘さの相乗効果で濃厚な甘さを楽しみたい方には、東京都・青ヶ島産「ひんぎゃの塩」がおすすめ。青ヶ島は、東京から南に約360㎞ほど離れた、世界でも珍しい二重式火山のある島です。周辺は崖に囲まれ、日本で一番人口が少ない島としても有名です。その青ヶ島周辺を流れる黒潮を汲み上げ、「ひんぎゃ」と呼ばれている火山噴気孔から出る高温の蒸気を利用して温めて、約3週間かけて濃縮・結晶させるという、環境を活かした独自の塩作りを行っています。できあがった塩の結晶は粒が大きめですが、使いやすいように細かく粉砕してあるため、スイカにもすっと馴染みます。カルシウムを豊富に含むため、しょっぱさがまろやかで甘味を強く感じます。

Sio09-04
スイカの甘味とうまみを引き立てる「オホーツクの塩 釜揚げ塩」

最後に、甘さと同時にスイカに含まれるグルタミン酸のうまみが強くなるのを楽しみたい方は、「オホーツクの塩 釜揚げ塩」がおすすめ。この塩の原料となる海水を汲み上げているオホーツク海は、世界三大漁場のひとつであり、プランクトンが豊富です。そのオホーツク海からサロマ湖に流れ込んだ海水を取水し、3日間かけていくつかの釜に移しながらじっくり煮詰めて濃縮し、4日目に塩の結晶を採取します。マグネシウムとカルシウムを多くふくむため、うまみと甘味が非常に強く、これだけずっと舐めていられるほどです。にがりを含んでいて少ししっとりしているので、スイカにかける時には大量につけすぎないようにご注意ください。

なお、ふりかける塩分量の目安は、スイカの重量の0.5%程度が目安です。この夏は、ぜひスイカを食べる時にいくつか塩を用意して、味比べを楽しんでみてくださいね。

■お問い合わせ
株式会社青い海
「シママース 焼き塩」
200g 価格:194円(税込)
http://www.aoiumi.co.jp/
098-992-1140

青ヶ島村製塩事業所
「ひんぎゃの塩」
240g 価格:720円(税込)
http://hingya.jimdo.com/
04996-9-0241

株式会社つらら
「オホーツクの塩 釜揚げ塩」
200g 価格:540円(税込)
http://www.tsurara.co.jp/
01586-5-3703

取材・文/青山志穂

【青山志穂の〈本日もいい塩梅〉】一覧記事はこちら
 https://www.premium-j.jp/aoyama_shiho//

 

rd300_mg_7507

《プロフィール》

青山志穂

一般社団法人日本ソルトコーディネーター協会 代表理事・ソルトコーディネーター

東京都出身、沖縄県在住。大学卒業後、大手食品メーカーで商品開発等を担当。2007年に沖縄県に移住後、塩に魅せられて塩の道へ。塩の専門店で社内資格制度の構築や人材教育、商品開発を行ったのち、2012年に(社)日本ソルトコーディネーター協会を設立して独立。現在は、塩のプロフェッショナルであるソルトコーディネーターの養成講座のほか、全国を飛び回りながら、塩に関する講演をはじめ、テレビやラジオ、雑誌などへの出演、塩売場のコーディネートなどを行っている。著書に「塩図鑑」(東京書籍)や「琉球塩手帖」(ボーダーインク)など。公式サイト : http://saltcoordinator.jp 公式ブログ : http://blog.saltlabo.com