日本語 | English | 简体中文 | 繁體中文

納涼、浅草散歩なら「鈴廣かまぼこ浅草店」で「冷やしおでん」に「箱根ビール」と洒落込みたい

2016.08.15

rd850_hiyashioden
お出汁がジュレの新感覚「冷やしおでん」

「冷やしおでん」と聞いて、冷めたおでんを想像してしまうと、それは不正解なのです。「鈴廣」が開発した「冷やしおでん」は、ある意味、全く新しいおでん体験と言っても過言ではありません。なんと、おでんの出汁はジュレなのです。味も、和風、中華、イタリアンの3種類。暑い夏でも、おでんを楽しめるよう創意工夫が凝らされた、NEOオデンなのです。

店頭では、カップに入った「冷やしおでん」をスプーンでいただきます。具材は小さめの一口サイズなので、ジュレと共にすくって、ツルンと冷たい感触を味わいます。「鈴廣」では一切の化学調味料不使用なので、お出汁の味が上品で、冷たくても深い旨味が感じられます。

rd500_hiyashiodenitalian
「冷やしおでん」はパックでも販売されているので、自宅でも簡単に楽しめます。暑い夏の食事作り、火を使わないで出せる一品は大助かりですよね。ガラス鉢に移し、刻んだオクラや長芋、プチトマト等を添えれば、御馳走の一皿になります。夏の冷蔵庫には必需品ですね。

次ページ《超特選蒲鉾「古今」は贅沢に12mmカットで》