日本語 | English | 简体中文 | 繁體中文

来日した友人に教えてあげたい“居酒屋入門ポイント7”!

2016.11.16

Toast in banquet

iStock.com/TAGSTOCK1

 
ポイント4:ご注文は計画的に。

お腹が空いているのはわかります。しかし、居酒屋の醍醐味は、様々な種類の逸品を、バランスよく味わうこと。一度に頼むのでは、少しずつ様子を見ながら2〜3品ずつ。
まずはおつまみやサラダ、「本日のおすすめ」などの一品料理をいくつか頼み、宴の終盤でしめに御飯ものを頼むというのが定番でしょうか。近頃では、その次にデザートという展開もあるようですが。

ポイント5:We love シェア!!

どんなに唐揚げが好きでも、どんなにサラダが好きでも、一人一品、ワンプレート…では、ありません。きっとテーブルの上に、可愛らしい取り皿が並んでいますよね。
“美味しいものは、みんなで分けあう”。シェアすることで、様々なメニューを味わえるのはもちろん、取り分けてあげたり、分けてもらったり、一緒に来た人とそんなやり取りも楽しめるのが居酒屋の面白いところ。また、お刺身などは出てきたら、新鮮なうちに早めに食べましょう。

Night life back street Tokyo Japan

iStock.com/TkKurikawa

 
ポイント6:家みたいだけど、家ではない。

しっかり座れるし、美味しいご飯まで出てくる。お座敷席の場合、美味しいお酒で、ついついゴロンとしたくなるのもわかります。ただ、どんなに居心地が良くても、居酒屋は家ではないのです。ひとしきり宴を楽しんだら、飲みすぎて眠くなってしまう前に、お開きにしましょう。

ポイント7:お会計は仲良くご一緒に。

お料理は分けますが、お会計はまとめて行うのが良いでしょう。特にパブなどとは異なり、カウンターで注文したらその都度払うのではなく、日本の居酒屋では会計は最後にまとめて行われます。グループで行った場合は、一人の方が代表で支払い、後はグループの中で、割り勘にする、飲んだ分だけ多く払うなど、お仲間と相談して明朗会計をすませましょう。クレジットカードが使えないお店もありますので、現金も忘れずに。

もっともっと詳しく知りたい方は、職場などにいらっしゃるかもしれない居酒屋ベテラン先輩に実際に連れて行ってもらってくださいね!

現在、まさに日本観光案内中という方、英語で口頭で説明するのは大変ですよね。ご心配なく、こちらの英語版のページをお見せになってくださいな。

では、楽しい宴を。

 

文/A-nya.PoPo
写真/©iStock.com

《関連記事はこちら》
ぶらり東京、入谷のほっこり居酒屋「オオイリヤ」