日本語 | English | 简体中文 | 繁體中文

神戸メリケンパークオリエンタルホテルが送る陶芸家を囲んで器と料理を楽しむ一夜限りの賞味会

2017.11.26

神戸メリケンパークmain
神戸メリケンパークオリエンタルホテルにて2016年より開催されている、ステーキハウス「オリエンタル」の若手料理長鍬先章太氏と丹波立杭焼「信凜窯(しんりんがま)」の陶芸家・仲岡信人氏のコラボレーション企画「器の美 料理の美」。第6回目を迎える賞味会が2017年12月8日(金)に開催されます。

兵庫県出身の鍬先料理長は“地元との繋がり”と“原点回帰”を思い、第1回目にも登場した、仲岡信人氏と再びタッグを組みます。第1回目のイベントで使用された器も登場し、1年の時を経ての再共演も魅力のひとつです。淡路・由良の魚介や丹波篠山のジビエ、有機野菜など7品が振る舞われます。また、料理には秋の紅葉が終わりを迎え葉が枯れていく情景が表現されており、乾燥させた野菜を枯葉に見立てるなど、丹波篠山の冬をイメージした盛りつけが愉しめます。
神戸メリケンパーク2
単なる料理の盛り付けとしてだけではなく料理と一緒に食す事で、口の中で料理を完成させるこだわりの一品も登場します。ペアリングワインはソムリエが厳選。陶芸家を囲み、制作にかける思いを聞きながらいただける料理は、きっと視覚・聴覚・味覚を刺激することでしょう。

また、12月8日開催のワンデーイベント前に「プレディナー」として4日(月)~6日(水)の期間に、当日のメニューをアレンジしたランチ(6,000円)とディナー(12,000円)が各日10名限定で堪能できます。賞味会の開催に合わせて仲岡氏の大型作品が11月下旬よりホテル3階のロビーにて展示されとのことなので、こちらも見逃せません。

 

 

 第6回「器の美 料理の美」
会場:神戸メリケンパークオリエンタルホテル
   ステーキハウス「オリエンタル」 個室「カシェット・ヴォートル」(14階)
開催日時:2017年12月8日(金)
開宴:18:30~(受付18:00~)
料金:15,000円(料理7品、 飲み物、 税金・サービス料込)
予約/問い合わせ先: 078-325-8110(受付時間10:00~21:00)
http://www.kobe-orientalhotel.co.jp/

 

 ≪プロフィール≫

ステーキハウス「オリエンタル」料理長 鍬先章太(くわさきしょうた)
1982年生まれ。35歳。兵庫県出身。2003年に神戸メリケンパークオリエンタルホテル入社。バイキングレストランやメインダイニングで経験を積み、2013年7月30歳で料理長に就任。お客様との対話を大切にし、素材の魅力を最大限に引き出しながら、サプライズのある調理法や美しさを追求した料理を提供。ここでしか味わえない、鉄板の上のエンターテイメントを楽しんでいただく事をこころがているとのこと。

 

丹波立杭焼「信凜窯」 仲岡信人(なかおかのぶひと)
1977年6月19日生まれ。40歳。大阪府出身。1996年丹波焼西端正氏に師事。2001年京都市工業試験場陶磁器科修業後、青年海外協力隊員としてセントビンセントへの赴任を経て、2006年篠山市立杭にて独立。2010年以降現在形の陶芸萩大賞展、神戸ビエンナーレ2011などでの入選を経て、第30回田部美術館大賞茶の湯の造形展で優秀賞を、神戸ビエンナーレ2013現代陶器コンペティションで準グランプリなどを受賞。現在、 全国内および台湾での展覧会を毎年開催。2016年に独立10周年を迎える。