日本語 | English | 简体中文 | 繁體中文

大正天皇の即位を祝う「おもてなし料理」を再現。京の風趣が味わえるユニークな食のイベント

2018.07.24

 大正天皇の御大礼のときに二条城内に建設された大宴会場。(「大礼記録」小原家文庫<皇學館大学神道博物館>)

平成の時代も来春で終わりを告げ、新しい元号が来年5月1日からはじまります。どんな元号になるのか?……早くも多くのメディアで話題となっています。

そんなか、「よみがえる味 大正大礼のおもてなし料理ーThe Imperial Feasts of Japan」という食のイベントが9月16日(日)〜17日(月・祝)に催されます。これは9月1日からの「京都の御大礼ー即位礼・大嘗祭と宮廷文化のみやびー」展の記念特別事業として開催されるものです。

御大礼(ごたいれい)とは、新しい天皇の即位の礼と大嘗祭(だいじょうさい=即位後、最初に行なう五穀豊穣などを感謝し祈念する儀式)をあわせた一連の儀式のこと。御大礼の儀式の歴史は古く、聖徳太子や推古天皇が登場する7〜8世紀ごろの飛鳥時代や、その後の律令制が確立した奈良時代から続くともいわれ、平安時代の初期には基本的な儀式の形ができあがり今に受け継がれてきました。

イベントでは、大正天皇の御大礼のときの響宴料理を一部再現した3つのプランが用意されています。1つは有職料理(ゆうそくりょうり=平安時代の貴族の社交儀礼の中で発達した公家料理)の流れを受け継ぐ西陣魚新の「御大礼おもてなし弁当」ランチプラン、2つめは京会席で有名な美濃吉本店竹茂楼の「和食ディナー」プラン、3つめは、和食に洋食の内容も取り入れたANA クラウンプラザホテル京都による「和洋ディナー」プラン。

いずれのプランも京都・二条城台所での皇室ジャーナリストの久能靖氏らによるトークショーが楽しめる他、ディナープランでは天皇の料理番をつとめてきた谷部金次郎氏の料理解説も興味をそそられます。

 
大正大礼即位式の模型<10分の1>(京都宮廷文化研究所蔵)

時空を超えて現代によみがえる御大礼のおもてなし料理の数々……。京都の料理人たちの手になる風趣ある食と格別なひとときを堪能してみてはいかがでしょう。

 

◆京都の御大礼ー即位礼・大嘗祭と宮廷文化のみやびー展 記念特別事業
「よみがえる味 大正大礼のおもてなし料理ーThe Imperial Feasts of Japan」

◎チケット発売中
プラン①(昼の部)「御大礼おもてなし弁当」プラン
開催日:9月17日(月・祝)
料金:6,000円(税込み)
食事提供:有職料理西陣魚新
チケット購入及びプランの詳細URL:
https://opt.jtb.co.jp/kokunai_opt/p/p1054144/

 

プラン②(夜の部)和食ディナープラン
開催日:9月16日(日)
料金:30,000円(税込み)
食事提供:美濃吉本店竹茂楼
チケット購入及びプランの詳細URL:
https://opt.jtb.co.jp/kokunai_opt/p/p1054143/

 

プラン③(夜の部)和洋ディナープラン
開催日:9月17日(月・祝)
料金:30,000円(税込み)
食事提供:ANAクラウンプラザホテル京都
チケット購入URL:
https://opt.jtb.co.jp/kokunai_opt/products/products.aspx?products=1054145 

 

お問い合せ:075-284-0148(JTB京都支店内 平日9:30〜17:30/土日祝休)