日本語 | English | 简体中文 | 繁體中文

“発酵”をテーマに老舗のホテルと酒蔵が夢の共演。「パレスホテル東京×八海山 コラボレーション」

2018.08.25


三段重の「八海山アフタヌーンティー」にはグラスシャンパンまたは純米吟醸酒「壱ノ壱ノ壱」が付く

ユネスコの無形文化遺産として登録され、世界中にその魅力が浸透しつつある和食。伝統を守る老舗でありながら新しい味にも挑戦し続けるパレスホテル東京と「八海山」で知られる老舗酒蔵・八海醸造が、ブームの発酵をテーマにコラボレーションし、日本の食文化の新たな魅力を発信します。

2018年9月1日(土)から11月30日(金)まで、パレスホテル東京において、新潟の清酒「八海山」の麹や酒粕を使ったアフタヌーンティー、カクテル、ブレッドなどコラボレーション商品を限定販売します。パレスホテル東京のオリジナル日本酒「壱ノ壱ノ壱」を「八海山」の八海醸造が手掛けている縁もあり、今回のコラボレーションが実現したそう。さらに、それらの味をゆっくり堪能できる宿泊プランも用意されています。

 
左)「薄紅葉」、右)「Tumugi〜紡ぎ〜」

新潟の美味い米と清らかな水を原料に、発酵という伝統の技を駆使して生まれる「八海山」は、和食と一緒に味わう以外にも、料理に加えたり、麹や酒粕をドリンクやスイーツに用いたりと、多彩なアレンジが可能。今回のコラボレーションでは、ロビーラウンジの「ザ パレス ラウンジ」で三段重のアフタヌーンティーが提供されます。このほか、同じく「ザ パレス ラウンジ」とメインバーの「ロイヤル バー」では、パレスホテル東京オリジナルの日本酒「壱ノ壱ノ壱」を使ったカクテルを2種類。そしてペストリーショップ「スイーツ&デリ」では、「酒粕味噌のパン ド カンパーニュ」など3種類のブレッドが販売されます。

 
左)「酒粕味噌のパン ド カンパーニュ」、(上)「酒粕の抹茶マフィン」、(下)「酒粕味噌のパン ド カンパーニュ」

また、秋のお月見と八海山アフタヌーンティーをゆっくり味わう宿泊プラン「観月〜Moon Over Tokyo〜」もおすすめ。この秋は、老舗同士のコラボで伝統的かつ斬新な味の共演を楽しみては。

 

◆パレスホテル東京「八海山コラボレーション商品限定発売」
提供期間:2018年9月1日(土)~11月30日(金)

【八海山アフタヌーンティー】提供店舗:ロビーラウンジ「ザ パレス ラウンジ」
【八海山カクテル】提供場所:メインバー「ロイヤル バー」/ロビーラウンジ「ザ パレス ラウンジ」
【八海山ブレッド】提供場所:ペストリーショップ「スイーツ&デリ」
【八海山宿泊プラン】「観月 ~Moon Over Tokyo~」(1日2組限定)※八海山宿泊プランは2018年8月1日から予約受付中
公式サイト:https://www.palacehoteltokyo.com/restaurants-bars/hakkaisan-collaboration/