日本語 | English | 简体中文 | 繁體中文

高い糖度ととろけるような果肉がたまらない、「ル レクチエ」が販売解禁!

2018.11.27


お歳暮などの贈答品として高く評価され、 華やかなパーティーシーズンにぴったりの果物

新潟特産の高級西洋なし「ル レクチエ」が、11月21日(水)全国一斉に販売解禁されました。国内生産8割を占める新潟県では、早出し競争による品質低下を防ぐために販売解禁日がもうけられ、さらに出荷時期が約1ヵ月と短いため、「ル レクチエ」は、この時期にしか食べられない希少価値の高い果物として知られています。 

フランス発祥の西洋なし「ル レクチエ」は、日本では明治36年(1903年)に新潟県で栽培が始まりました。 他の西洋なしと比べて追熟期間が長く、例えば、「ラ・フランス」の15~20日間に比べ、「ル レクチエ」は約40日間を要します。収穫後に1ヶ月ほど熟成させることによって、 表皮が緑色から色鮮やかな山吹色に変化し、 高い糖度ととろけるような果肉、豊かな香りが生まれるんだとか。元々病気に弱く、長期追熟を要するなど栽培が難しいため、「幻の洋なし」ともいわれています。

 
ル・レクチェの糖度は16.5度~18度とメロンより高い

今年の「ル レクチエ」は、 収穫時点で糖度が高く、追熟期間を経て さらに甘みが強く育ち、また台風や病気による果実の傷みが例年より少なかったため、見た目も美しい果実が揃いました。

贈答品としても高い人気ですが、まずは、早めにゲットして、甘くとろみのある上品な口当たりや芳醇な香りを存分に楽しんでみてはいかが。

 

高級西洋なし ル レクチエ
販売期間:2018年11月下旬~12月下旬
参考サイト:http://www.nt.zennoh.or.jp/news/announcement/announcementnews/2017-1027-1614-26.html