日本語 | English | 简体中文 | 繁體中文

英国のチョコレート品評会で最高位受賞。辛口純米酒とカカオの風味がマッチした鎌倉ca ca o「小町通の石畳 雪男」

2018.06.21

鎌倉cacao01

ビーントゥバーがブームとなり、カカオ豆の産地や配合率にもこだわってチョコレートを選ぶ人が増えている昨今。鎌倉のアロマ生チョコレート専門店「ca ca o」の人気アイテムが、世界的なチョコレート品評会で最高位と評価されました。同店のチョコレートは今回、金賞と銅賞のダブル受賞となり、さらに話題を呼んでいます。

英国で開催されたチョコレート品評会「アカデミー・オブ・チョコレート2018」で約1200点の中から、アルコール・ガナッシュ部門で金賞を受賞したのは、2018年の新作である「小町通の石畳 雪男」。スパイシーなアロマが特徴のコロンビア南西部・トマコ産のカカオ分を45%配合した、この力強い味わいのミルクチョコレートに合わせるのは、新潟・青木酒造が手掛けた辛口「純米酒 雪男」です。スッキリとした辛口純米酒と生チョコレートとの相性は抜群で、日本酒のお供にもよさそうです。

鎌倉cacao03

さらに、今回は同アワードのフルーツ、フローラス、スパイス・ガナッシュ部門にて、「小町通りの石畳 パッション」が銅賞を受賞。こちらは雪男とは打って変わって、エキゾチックな味わいの生チョコレートです。同じコロンビア産のカカオを45%配合していますが、パッションフルーツのピューレをブレンドし、リッチなカカオテイストとパッションフルーツの酸味が味わえる逸品です。なお「小町通りの石畳 パッション」はバレンタイン限定フレーバーのため、現在は販売を終了しています。

 2015年4月に鎌倉で創業した「ca ca o」は、チョコレートに含まれる水分量、アロマを感じるための空気量に着目して製造するアロマ生チョコレートの専門店です。コロンビア各地で生産されるカカオ豆の魅力を、その土地の栽培法や発酵工程にこだわることで最大限に引き出してチョコレートへ加工。日本人の口に合わせた水分量や素材選びで生チョコレートへと仕上げています。

 すでに世界中で人気となっている日本酒の魅力と、日本のショコラトリーのこだわりとが生み出した生チョコレート。暑い夏にひんやり柔らかな口どけのチョコレートと共に、冷やしたワインや日本酒を味わう、そんな大人の楽しみ方もいいですね。

 

◆ca ca o「小町通りの石畳 雪男」
価格:2,160円(16粒入り、税込)
販売店舗:
・CHOCOLATE BANK店
  神奈川県鎌倉市御成町11-8(東日本銀行鎌倉支店跡地)
・鎌倉店
  神奈川県鎌倉市小町2-9-7
・大船ルミネウイング店
  神奈川県鎌倉市大船1-4-1 大船ルミネウイング3F
・ルミネ新宿店
  東京都新宿区西新宿1-1-5 ルミネ新宿 LUMINE1 B2F
※公式オンラインショップでも販売
https://www.ca-ca-o.com/