日本語 | English | 简体中文 | 繁體中文

「ル レクチェ」をふんだんに使った期間限定スイーツが銀座の2店舗で販売

2018.12.19


「新潟県 渡辺果樹園産 ル・レクチェのロティ」

フランス生まれの高級西洋なし「ル レクチェ」は、明治時代に日本で栽培が始まり、現在は新潟県が本国フランスを超える一大生産地となっています。栽培に手間がかかるため生産量が限られ、出荷時期が11月下旬から12月末の約1か月と、その希少価値が大変高いことでも知られるプレミアムなフルーツです。

そんな「ル レクチェ」を生産する新潟県と、銀座を代表するスイーツショップ「資生堂パーラー 銀座本店 サロン・ド・カフェ」と、「カフェコムサ 銀座店」の2店舗がコラボレーション。「ル レクチェ」を味わい尽くす期間限定の特別メニューを用意しました。

「資生堂パーラー 銀座本店 サロン・ド・カフェ」では、「ル レクチェ」を堪能する3種類のメニューが登場。この時季ならではの赤いパフェ「クリスマス・ルージュパフェ」は、数種類のベリーと新潟県産ル レクチェを飾り付けた華やかなパフェです。12月29日(土)までは冬ならではの温かなデザート、「新潟県 渡辺果樹園産 ル・レクチェのロティ」を。こちらは「ル レクチェ」をシナモンやグローブなどのスパイスを効かせてコンポートし、ドライいちじくとスウィートベリーティーの温かいソースでいただく、大人の一皿です。


「新潟県 渡辺果樹園産 ル・レクチェのパフェ」

さらに、12月26日(水)〜12月29日(土)までの4日間だけ限定で登場するのは、「新潟県 渡辺果樹園産 ル・レクチェのパフェ」。こちらはモーツァルトを聴かせながら熟成させたという渡辺果樹園の「ル レクチェ」を贅沢に盛り込み、キャラメルの香ばしさを効かせたプラリネソースとの優しいマリアージュが楽しめます。

このほかにも、「カフェコムサ 銀座店」では、クリームチーズをベースに濃厚な甘みと甘酸っぱさがアクセントの「新潟県産『ル レクチェ』洋梨といちごのケーキ」を、12月25日(火)まで販売しています。

新潟が生んだ宝石のようなフルーツ「ル レクチェ」を銀座でぞんぶんに味わってみてはいかが。

 

◆資生堂パーラー 銀座本店 サロン・ド・カフェ
住所:東京都中央区銀座8-8-3 東京銀座資生堂ビル3階
公式サイト:https://parlour.shiseido.co.jp/shoplist/salondecafeginza/

◆「カフェコムサ 銀座店」
住所:東京都中央区銀座4-3-1並木館B1
公式サイト:http://www.cafe-commeca.co.jp/