自立しつつも呼応する生命と呼応する大杉森自立しつつも呼応する生命と呼応する大杉森

Events

【2/1(火)〜3/31(木) 茨城・偕楽園】

2022.1.5

春の偕楽園がインタラクティブなアート空間に

立ち続ける光のovoid(卵形体)と木々が光り輝く作品。チームラボ 《自立しつつも呼応する生命と呼応する大杉森》 © チームラボ

日本三名園のひとつであり、開園180年を迎える茨城県水戸市の偕楽園で「チームラボ 偕楽園 光の祭 2022」が開催される。期間は2月1日(火)~3月31日(木)まで。

梅の名所としても知られ、時期によって様々な種類の梅が咲き渡る春の偕楽園が、人々の存在によって変化するインタラクティブな光のアート空間に変身。森や庭そのものを舞台に、「長い時間の連続性」を表現することを試みた全8作品が公開される。

Walk, Walk, Walk - 孟宗竹林 Walk, Walk, Walk - 孟宗竹林

チームラボ 《Walk, Walk, Walk – 孟宗竹林》 © チームラボ

偕楽園の孟宗竹林(もうそうちくりん)沿いを、匿名で多様な肖像群が歩き続ける《Walk, Walk, Walk – 孟宗竹林》。作品は、コンピュータプログラムによってリアルタイムで描かれ続け、今この瞬間の絵は二度と見ることができない。

生命は連続する光 - 梅林 生命は連続する光 - 梅林

チームラボ 《生命は連続する光 – 梅林》 © チームラボ

園内の茶室、好文亭の目の前に広がる約1,500本の梅が光り輝く《生命は連続する光 – 梅林》。人々が梅の木の近くを通ると強く輝き、音色を響かせ、さらにその木の光は放射状に梅の木に伝播し、音色を響かせながら連続していく。


増殖する生命の巨木 - 太郎杉 増殖する生命の巨木 - 太郎杉

チームラボ 《増殖する生命の巨木 – 太郎杉》 © チームラボ

樹齢約800年と言われている巨木に、花々の誕生と死滅が永遠に繰り返される《増殖する生命の巨木 – 太郎杉》。造園よりはるか前からここにあった木と、生と死を繰り返す花々、ここでは様々な時空が交差し重なり合う。

具象と抽象 - 陽と陰の狭間 具象と抽象 - 陽と陰の狭間

チームラボ 《具象と抽象 – 陽と陰の狭間》 © チームラボ

好文亭の前に広がる松やつつじの庭園の「陽の世界」と、クマザサ、大杉森、孟宗竹林が茂る「陰の世界」の境界にある作品。人々が作品の中に入り止まると、新たな線の集合が生まれて広がっていく。

会期中、偕楽園で120年以上続く「水戸の梅まつり(2月11日~3月21日)」も開催されるので、昼と夜それぞれの散策を楽しむのもおすすめだ。アートによって日中とは全く異なる表情を見せる名園へ、足を運んではいかがだろう。

◆チームラボ 偕楽園 光の祭 2022
会場】偕楽園(茨城県水戸市常磐町1丁目
【会期】2月1日(火)~3月31日(木)
【時間】18:00~20:30 (最終入場20:00)
【料金】大人 1,800円 、中高校生 800円、小学生以下は無料
1月11日(火)発売予定

最新情報をニュースレターでお知らせするほか、エクスクルーシブなイベントのご案内や、特別なプレゼント企画も予定しています。

Events

2022.9.30

特別展「京(みやこ)に生きる文化 茶の湯」

Events

2022.9.29

「市制90周年記念展 わたしたちの絵 時代の自画像」「現代日本画 コレクションのあゆみ…

Events

2022.9.28

秋季特別展「博覧 -近代京都の集め見せる力-」

Events

2022.9.20

「宮城壮太郎展 使えるもの、美しいもの」

Events

2022.9.15

企画展「樋口一葉 生誕150年 我が筆とるはまことなり―もっと知りたい樋口一葉」

ページの先頭へ

最新情報をニュースレターでお知らせするほか、エクスクルーシブなイベントのご案内や、特別なプレゼント企画も予定しています。