《不確かな旅》 2016年 鉄枠、赤毛糸 展示風景:「不確かな旅」 ブレイン|サザン(ベルリン)2016年 撮影:Christian Glaeser

Features

塩田千春、過去最大規模の個展開催

2019.7.8

形ないものが空間を覆いつくす存在感。森美術館「塩田千春展:魂がふるえる」で感じる魂の機微

《不確かな旅》 2016年 鉄枠、赤毛糸 展示風景:「不確かな旅」 ブレイン|サザン(ベルリン)2016年 撮影:Christian Glaeser

六本木ヒルズ森タワー、森美術館のエントランスに立つと、高さ11メートルの天井から吊られた壮大なインスタレーション作品に圧倒される。《どこへ向かって》と題されたその作品は、空間に白い船が何艘も浮かび、美術館の入り口へとさまよいながら集まってきているようにも見える。私たちはどう存在し、どこへ向かうのか。生と死、記憶や夢など、目に見えないものや物理的には存在しないものを形として表現してきたアーティスト、塩田千春のこれまでの活動を網羅した大規模な個展が、この森美術館で開催されているのだ。

 

2019年6月20()から1027()まで行われている「塩田千春展:魂がふるえる」は、ベルリンを拠点として世界各国で年間20もの展覧会へ作品を発表するなど、精力的に活動し高い評価を得ている塩田の、初期作品から最新作まで113点を展示している個展だ。

 

絡まり合い繋がり合って空間を覆う、無数の赤い糸や黒い糸。鑑賞する者はその空間に入り込むことによって、不安や沈黙、魂や記憶など、物理的には存在しないものの存在をまざまざと実感できる。観る者を巻き込んで展開するイマーシブ型のインスタレーションによって、不在の中の存在をテーマに取り組んできた塩田千春の感性がダイレクトに伝わってくる。


《どこへ向かって》 2017年 白毛糸、ワイヤー、ロープ 展示風景:「どこへ向かって」ル・ボン・マルシェ(パリ)2017年 撮影:Gabriel de la Chapelle 《どこへ向かって》 2017年 白毛糸、ワイヤー、ロープ 展示風景:「どこへ向かって」ル・ボン・マルシェ(パリ)2017年 撮影:Gabriel de la Chapelle

《どこへ向かって》 2017年 白毛糸、ワイヤー、ロープ 展示風景:「どこへ向かって」ル・ボン・マルシェ(パリ)2017年 撮影:Gabriel de la Chapelle


この個展を開催するにあたり、塩田は12年前に患った癌が一昨年再発し、闘病しながら作品制作に向き合っていたことを語った。近年の彼女の作品には身体のパーツが多く登場するが、切り取られ、部分となった身体を並べることで、魂の不在を視覚化しているようにも感じられる。作家自身が生や死と寄り添いながら、物理的には存在しない魂というものを、どのようにとらえ視覚化しているのか。観る者へ、そしてその魂へ問いかける。

◆「塩田千春展:魂がふるえる」
2019年6月20日(木)~10月27日(日)
森美術館東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー53階
10:00~22:00(火曜10:00~17:00)
会期中無休
http://www.mori.art.museum

Features

2019.10.16

ヴァン クリーフ&アーペルと漆芸作家 箱瀬淳一の技を堪能するメイキングムービー公開

Features

2019.10.11

東京と京都で「ガブリエル シャネル アフタヌーンティー アット フォーシーズンズ」開催

Features

2019.10.7

新しくなったThe Okura Tokyoに日本初上陸のブランド「ANNAYAKE(アナヤケ)」によるスパ…

Features

2019.10.3

生活に美を与える「山形緞通」のデザイナーライン2種・「KOU」と「TOCHI」

Features

2019.10.2

皮膚の常在菌に着目したスキンケア「リオヴェリテ」で美肌を育てる

ページの先頭へ