雲海を臨む、スノーピークフィールドスィート白馬北尾根高原の全景。

Features

最高峰グランピングフィールド誕生

2019.8.1

スイートルームで雄大な自然を享受する贅沢。「Snow Peak FIELD SUITE HAKUBA KITAONE KOGEN」のラグジュアリーなグランピングを体験する。

ダイナミックな景色が広がる北尾根高原の標高約1,200mに位置するスノーピークのFIELD SUITE。

アウトドアアメーカーSnow Peak(スノーピーク)が、初となる高級グランピングフィールド「FIELD SUITE」を開設した。長野県白馬村の北尾根高に約3,000平方メートルもの敷地を整備し、7棟のテントと、隈研吾デザインによるモバイルハウス「住箱-JYUBAKO-」を活用したスイート1棟を設置。ラグジュアリーな住空間と信州のグルメ、北尾根高原の雄大な自然を感じるアクティビティを用意している。

「Snow Peak FIELD SUITE HAKUBA KITAONE KOGEN」が叶える、新しいラグジュアリーの形。自然を享受できる喜びに満ちている。

2019年7月13日(土)にオープンしたばかりの「Snow Peak FIELD SUITE HAKUBA KITAONE KOGEN」は、スノーピークが手掛ける数々のグランピングフィールドの中の最上級施設。特別仕様の広い客室テントにはダブルサイズのベッドやラウンジテーブル&チェア、ミニバーが設置され、快適なくつろぎの空間となっている。フィールドに設けられたラウンジやバーでは、ゲスト同士が焚火を囲みながら語らうこともできる。トレッキングツアーやカヌー体験、星空観賞などのアクティビティも用意され、コンシェルジュがすべてサポートしてくれるのも魅力だ。

ダブルサイズベッド2台が設置された特別仕様のテント内。ランプの灯りが優しく照らす。 ダブルサイズベッド2台が設置された特別仕様のテント内。ランプの灯りが優しく照らす。

FIELD SUITEのための特別仕様のテント内はダブルサイズベットを2台設置した、くつろぎの空間。


熱気球から雄大な北尾根高原を眺める贅沢なアクティビティもオプションで用意している。 熱気球から雄大な北尾根高原を眺める贅沢なアクティビティもオプションで用意している。

トレッキングやカヌー、熱気球など、北尾根高原の大自然を五感で体験するアクティビティが充実している。

信州産の食材を使った創作料理、地元産のワインをマッチングするディナー。色づいた木の実や木の葉など、自然の恵みを使ったグランピングらしいテーブルコーディネート。 信州産の食材を使った創作料理、地元産のワインをマッチングするディナー。色づいた木の実や木の葉など、自然の恵みを使ったグランピングらしいテーブルコーディネート。

信州産の食材を使った創作料理と、地元産のワインをマッチングするディナー。

ディナーには地元・信州で収穫された野菜やサーモン、牛肉、チーズ、フルーツなどを使った創作料理が供される。さらに長野産のブドウから醸造された安曇野ワインなどを合わせ、地元へのこだわりも満載だ。標高1,200mの北尾根高原に広がるラグジュアリーなグランピング空間を訪れるゲストには、豊かな自然とその恵みを五感で味わう、特別な体験が約束されている。

◆「Snow Peak FIELD SUITE HAKUBA KITAONE KOGEN」
(スノーピークフィールドスイート 白馬・北尾根高原)
長野県北安曇郡白馬村北城4487-4 八方尾根・北尾根高原内
全8室(テントルーム7室/住箱スイート1室)
宿泊料金・7万円~11万円
https://fieldsuite-hakuba.com/

Features

2019.8.26

アユーラの美容液「プランプコンセントレート」でハリのある輝く肌へ

Features

2019.8.22

「ザ ランドマークスクエア オオサカ」貴賓室テラスの華麗な空間に遊ぶ

Features

2019.8.21

オーダーメイドのドッグフード「PETOKOTO FOODS」で愛犬の健康を守りたい

Features

2019.8.19

現代生活にマッチするデザインが美しい「パンのための曲げわっぱ」

Features

2019.8.15

東京で見るか京都で見るか。2つのライカギャラリーで立木義浩の写真展

ページの先頭へ