天然漆のダイヤルに螺鈿や蒔絵を施した「HW ミッドナイト・ヨゾラ オートマティック42mm」天然漆のダイヤルに螺鈿や蒔絵を施した「HW ミッドナイト・ヨゾラ オートマティック42mm」

Features

アーチの上に広がる漆と螺鈿の夜空

2019.8.29

ハリー・ウィンストンと日本の伝統工芸が邂逅したレアなタイムピース

天然漆のダイヤルに螺鈿や蒔絵を施した「HW ミッドナイト・ヨゾラ オートマティック42mm」

漆塗りや蒔絵、螺鈿細工など日本の伝統工芸と、ハリー・ウィンストンとの邂逅が、2019年の新作、その名も「HW ミッドナイト・ヨゾラ オートマティック」に結実した。ハリー・ウィンストンが手掛ける時計の中でも、シンプルでクラシックなデザインのアイテムをラインナップしているHW ミッドナイト・コレクションに加わった新作は、天然漆塗りの文字盤にマザー・オブ・パールの螺鈿細工や蒔絵を施し、ニューヨーク五番街本店のエントランスアーチ上に広がる夜空を表現している。

 

「HW ミッドナイト・ヨゾラ オートマティック」には、男性向けの42mmモデルと女性向けの39mmモデルの2種類を用意している。42mmはポリッシュ仕上げのシンプルな18Kホワイトゴールドケースにブルーのアリゲーターレザーストラップ、39mmはベゼルとラグに91個のラウンド・ブリリアントカット・ダイヤモンドをセッティングして、繊細かつ豪華な仕上がりとなった。


「HW ミッドナイト・ヨゾラ オートマティック 42mm」に付属する中屋製万年筆。 「HW ミッドナイト・ヨゾラ オートマティック 42mm」に付属する中屋製万年筆。

「HW ミッドナイト・ヨゾラ オートマティック 42mm」に付属する中屋製万年筆。

今回のコレクションでは、最高品質の万年筆を作り続ける日本の職人集団、中屋万年筆とのコラボレーションも注目を集めている。ダイヤルと同じデザインの中屋製万年筆と竹製ボックスが付属。39mmモデルに付属する万年筆には、キャップにもエメラルドカット・ダイヤモンドが輝く。両モデル共に世界限定10セットの希少なリミテッドエディションだ。

ピンクパールカラーのアリゲーターレザーストラップが特徴「HW ミッドナイト・ヨゾラオートマティック 39mm」。 ピンクパールカラーのアリゲーターレザーストラップが特徴「HW ミッドナイト・ヨゾラオートマティック 39mm」。

ピンクパールカラーのアリゲーターレザーストラップが特徴「HW ミッドナイト・ヨゾラオートマティック 39mm」。


蒔絵や螺鈿を用いて表現されたニューヨークの夜空が、12時の位置に配されたエメラルドカット・ダイヤモンドを繊細に引き立てる。ブランドの象徴とも言えるダイヤモンドと日本の手仕事がコラボレーションした今回のモデルは、日本の伝統文化の奥深さを広く世界へ発信する契機となるだろう。

◆HW ミッドナイト・コレクション
〇HW ミッドナイト・ヨゾラ オートマティック 42mm
18Kホワイトゴールド、機械式自動巻き、天然漆ダイヤル(漆へのマザー・オブ・パールの象眼(螺鈿)、プラチナ粉によるぼかし(蒔絵)、アーチの装飾(蒔絵および螺鈿))、エメラルドカット・ダイヤモンド1個、シースルーケースバック、ブルーアリゲーターレザーストラップ、同デザインの中屋製万年筆および竹製ボックス付属、世界限定10本
予価8,000,000円/2020年1月発売予定 直営店限定発売

 

〇HW ミッドナイト・ヨゾラ オートマティック 39mm
18Kホワイトゴールド、機械式自動巻き、天然漆ダイヤル(漆へのマザー・オブ・パールの象眼(螺鈿)、プラチナ粉によるぼかし(蒔絵)、アーチの装飾(蒔絵および螺鈿))、エメラルドカット・ダイヤモンド1個、シースルーケースバック、ピンクパール アリゲーターレザーストラップ、同デザインの中屋製万年筆および竹製ボックス付属、世界限定10本
予価8,500,000円/2020年1月発売予定 直営店限定発売
https://www.harrywinston.com

Features

2019.12.11

ジェンダーレス、タイムレスなフレグランス「MIKIMOTO EAU DE PARFUM」誕生

Features

2019.12.9

名古屋に体験型の施設「VERMICULAR VILLAGE(バーミキュラ ビレッジ)」オープン

Features

2019.12.5

刃物の町・岐阜県関市の粋を集めたデザイン包丁「kasane(かさね)」

Features

2019.12.3

千 宗屋好み、「爲三郎記念館 特別展 茶―祈りと楽しみ―」開催中

Features

2019.11.28

現代生活に寄り添うスタイリッシュな神様のおうち「貼る神棚」「置ける神棚」

ページの先頭へ