日本語 | English | 简体中文 | 繁體中文

素材のコントラストを楽しむシックなグラス「QUIET NIGHT」

2016.03.06

 rd500_1602LIFE24_QUIETNIGHT2
派手ではないのに存在感がある。都会的でモダンな印象

「QUIET NIGHT」のデザインは、木本硝子の木本社長が職人とともに考えて形にしていったものだそう。また漆黒と透明部分の割合は、日本古来より無駄のない比率とされている「白銀比」で設計されているといいます。

白銀比は1:√2で表される比率のことで、A判、B判と呼ばれる用紙サイズの縦横比にも用いられています。私たち日本人に古来よりなじみ深いものだと言われ、風呂敷や法隆寺などの建築物にもこの比率は取り入れられています。実用性、汎用性が高いため、生活の中にも知らず識らずのうちにこの白銀比は溶け込んでいるのです。

 

日本の伝統技術を活かしながら新しい製品を生み出す

木本硝子は80年以上の歴史を誇る東京・台東区にある硝子問屋です。問屋ならではの視点で硝子工場や江戸切り子の職人、デザイナーやクリエイターとコラボレーションしながら、日本の職人技術を活かしつつ、使い勝手の良い、ユニークかつ美しい製品をプロデュースし続けています。

デザイン性が高いだけではなく、伝統技術を活かした確かなもの作りが徹底されているので、若い人はもちろん年配の方への贈り物にもおすすめです。

 

「QUIET NIGHT(クワイエット・ナイト)」

タンブラー:φ70×高さ130mm/容量300ml
価格:1万8000円(税抜)

ミニオールド:φ70×高さ0mm/容量150ml
価格:1万3000円(税抜)

オールド:φ88×高さ98mm/容量350ml
価格:1万5000円(税抜)

ショットグラス:φ51×高さ75mm/容量90ml
価格:1万2000円(税抜)素材:ソーダ硝子

■お問い合わせ
木本硝子
電話:03-3851-9668
http://kimotoglass.tokyo/product.html

 

《関連記事はこちら》

美しい江戸切子の模様が施された光のいれもの「蓋ちょこ」

欧米諸国に輸出していた硝子器を復刻した「BRUNCH」のグラス