日本語 | English | 简体中文 | 繁體中文

東京唯一の専門店「片岡屏風店」が贈る美しき屏風の数々

2016.07.10

rd850_063_04
豪華でありながらシックな雰囲気を持つ「4曲金彩屏風」

4つのふすまで構成された屏風です。松の枝葉が金色で描かれているのが特徴。本紙の正方形のような柄も、きらびやかな金色ではなく独特のくすみ具合を見せており、日本のわびを感じます。片岡屏風店の商品の中でも高い評価を得ている作品です。

rd850_063_05
ユーモラスな絵柄が楽しい「屏風 鳥獣戯画 水あそび」

動物たちを擬人化して描き、「日本最古の漫画」と称される「鳥獣戯画」。その中からウサギやサルが水辺で遊んでいる「谷川の水遊び」のシーンを選び描いています。ユーモラスな動物たちの姿を見ると、思わず顔がほころんでしまいます。

rd850_063_06
小さくても迫力ある美しさ「ミニ屏風」

美しい屏風ですが、やはりサイズの大きなものは部屋に置くのが難しいでしょう。しかしこのミニ屏風は卓上サイズなので、ちょっとしたインテリアとして重宝します。例えば玄関の靴箱の上や、リビングのローボードといった家具を手軽に彩ることができます。横幅約30センチほどの屏風もあるので、シーンによって使い分けるのもいいですね。

rd850_063_07
片岡屏風店の美しい屏風の数々は、製作所内だけでなく東京ミッドタウン内のライフスタイルショップ「THE COVER NIPPON」でも展示・販売されています。また、屏風作りの体験をすることも可能です。実際に自分で作ってみると、日本の伝統家具である屏風の良さをあらためて知ることができるでしょう。

■お問い合わせ
片岡屏風店
http://www.byoubu.co.jp/

写真提供:片岡屏風店

《関連記事はこちら》

現代に生きる江戸の浮世絵師 立原位貫(たちはら いぬき):「メイドインジャパン見つけた」vol.16 渡辺ゆり子

お部屋で「浮世絵」と「仕出し」が楽しめるホテル「葵HOTEL KYOTO」