日本語 | English | 简体中文 | 繁體中文

思い出の帯や着物で、世界にひとつの「インテリア茶箱」

2018.03.10

interior_chabako
インテリア茶箱 鶴打掛190,080円(税込)幅68×奥行43×高さ54cm  台部分91,800円(税込)漆塗り

 その茶箱に布やクッション材を張り、装飾静岡県川根の町で作られている茶箱。これはその名の通り、茶葉を入れて輸送する為の箱です、茶葉を湿気や臭い、虫食いから守る箱として活躍してきた茶箱は本来の茶葉を入れる用途以外でも、防虫・防湿に優れた理想的な収納箱として長く愛用されてきました。その茶箱に布やクッション材を張り、装飾性を持たせることによって立派な家具、インテリアに仕立てるのが「インテリア茶箱」です。 

思い出の帯・着物やお気に入りの生地を使って作る、世界にひとつだけのインテリア茶箱は、伊勢丹本館で以下の期間誂えることができます。この機会に思い出の帯や着物をインテリアに仕立てなおしてみては。

【イベント情報】
会期:2018年3月7日(水)~20日(火)
時間:全日 14:30~18:00
場所:伊勢丹新宿店本館5階=インテリア 
オーダー参考価格:162,000円(税込)~

※通常のオーダーは10:30~20:00 
※お渡しまで約3か月かかります。