日本語 | English | 简体中文 | 繁體中文

神鍋山噴火口から360度のパノラマビュー!運がよければ雲海も拝める

兵庫県豊岡市の神鍋山山頂から飛行する熱気球体験『神鍋そらんど』が開始

2018.04.30

熱気球 (1)

冬の間はスキー場として運営する兵庫・豊岡市の「アップかんなべ」。4月28日より鍋山山頂から飛行する熱気球体験『神鍋そらんど』を開始しました。乗員はパイロットを除き8名、標高460mの神鍋山山頂より飛行し、約5分間、上空30mの高さまで上昇します。上空から「これだけ綺麗に噴火口跡が残っているのは貴重」と言われる神鍋山のクレーターや但馬ドームを望み、運が良ければ遠くに神鍋高原を囲む“雲海”を見ることもできるといいます。

この熱気球体験は常設のアクティビティとしては関西初で、熱気球操縦士技能証を持つ有資格者の管理のもと、浮遊感ほかバーナー音や温度など非日常体験を楽しむことができます。当日でも受付可能とのことですが、その日の天候状態により、飛行場所が変更となることもありますので要注意。

熱気球 (5)

バーナーで空気を温めているところ

山頂からテイクオフする熱気球は日本でも珍しく、これが実現できるのは神鍋山が周囲の地形や風に恵まれているから。
熱気球でしか押さえられない光景を是非、その目で確かめてみてはいかがでしょうか。

 

 

 ◆気球「神鍋そらんど」

開始日:2018年4月28日(土)~
所在地:アップかんなべ
    〒669-5372 兵庫県豊岡市日高町栗栖野59-78
アクセス:日高神鍋高原ICから11km 車で約15分
     インターを降りて左に曲がってすぐ
時間:朝7時~9時 夕方16時~18時まで
価格:大人¥2,900(税込) 中学生以上
   子供¥1,800(税込) 小学生以下
   幼児無料(3歳以下)
※小学生以下のお子様は18歳以上の保護者同伴で乗車可能。
※保護者1人につき幼児1人まで。
尚、フリーフライトではありません。気球はロープで地面に係留された状態で上昇・下降します。
http://www.kannabe.co.jp/soland