日本語 | English | 简体中文 | 繁體中文

小田原開府500年を記念し、小田原城と夜桜が幻想的にライトアップ

2018.03.23

sub6

「日本100名城」として知られる小田原城は、関東屈指の桜の名所として、「日本さくらの名所100選」にも選定されています。桜のシーズンには30万人を超える観光客が訪れ、一昨年リニューアルして生まれ変わった天守閣を中心に、小田原城址公園内では約300本のソメイヨシノが咲き誇ります。春の訪れを感じるこの時期、小田原城の「天守閣」の白と「桜」の淡紅が作り出す美しいコントラストは、観光客のお花見気分を一層引き立たせ、フォトジェニックなスポットとしても抜群の人気を誇ります。

お花見の期間中、こたつ座敷が本丸広場に登場し、夜には同広場で「光に染まる夜桜~小田原城さくらのライトアップ」が実施されます。3月24日(土)から 4月8日(日)には、天守閣の開館時間が19時まで延長されます。初の大規模演出となる今回、LEDパーライト30台と12台のソーラーライトが駆使され、さらには時間帯によって色彩が変化する演出が施され、広場が幻想的な雰囲気に包みこまれます。また、本年は永正15年(1518年)に小田原北条氏初代・北条早雲が家督を長男の北条氏綱に譲り、氏綱が小田原に在城したことから、小田原の町が開かれて500年目を迎える年です。これを記念し、小田原城址公園では小田原の名産「かまぼこ」の伝統と味を堪能できるなどの記念イベントが目白押しです。

昼とは違った雰囲気で、天守閣の展望デッキからの桜ライトアップと小田原市街の美しい夜景、相模湾の絶景を一度に楽しむことができる機会。今年のお花見は、小田原城で夜桜鑑賞はいかがでしょうか。

 

◆夜桜ライトアップと天守閣の開館延長 詳細
期間:光に染まる夜桜 3月23日(金)~ 4月15日(日)18:00~22:00
   天守閣の開館延長 3月24日(土)~ 4月8日(日)17:00~19:00
場所:小田原城本丸広場と天守閣
問い合わせ先:小田原市観光協会 0465-22-5002



◆「小田原城さくら~花見DE大座敷~」

こたつ座敷が本丸広場に登場。寒い日でも、昼夜を問わず桜を満喫できます。こたつに併設されたエリアでは、 白身魚と自然薯の柔らかな食感が特徴の「じねんじょ棒」や本丸広場限定企画として桜リキュールを使用した「生桜エール」が販売されます。
期間:3月24日(土)、25日(日)、30日(金)、31日(土)、
   4月1日(日)~8日(日)、14日(土)、15日(日)
場所:小田原城本丸広場

小田原城の桜関連イベントの情報は、(一社)小田原市観光協会のホームページをご確認ください。
http://www.odawara-kankou.com/sakura/index.html

 



◆「小田原桜まつり」

桜の見頃に合わせて小田原城址公園を中心に開催されるお祭り。 城址公園のお堀を沿って歩き、 天守閣へ向かうルートには、お堀の水面に映る桜の木々や、今年28年ぶりに生まれ変わった「住吉橋」、小田原市の天然記念物でパワースポットとしても知られる、小田原市内最大の巨木「イヌマキの木」など、隠れたフォトスポットがいくつもあります。その他にも、桜の名所として長興山紹太寺(ちょうこうざんしょうたいじ)のしだれ桜、沼代(ぬましろ)桜の馬場があります。

期間:3月下旬~4月上旬
場所:小田原城址公園、長興山紹太寺、沼代桜の馬場
問い合わせ先:小田原市観光協会 0465-22-5002