日本語 | English | 简体中文 | 繁體中文

伝統工芸の未来をつくる「東京手仕事展」開催

2018.06.01

 

都知事賞を受賞した「ゆらぎ盆栽」(江戸木目込人形(造花))。雛人形を彩る造花の技術を用いて製作した自然の動きを感じることのできるモビール。(製作者)岡田 雄二(デザイナー)平田 ことこ、竹本 真実

 

江戸職人の匠の技と心意気によって、磨かれ、洗練され、そして庶民に愛されて連綿と受け継がれてきた東京の伝統工芸品。そんな伝統の技に光を当て、匠の繊細な「手仕事」の魅力を国内外に発信する取組み「東京手仕事」プロジェクト。

先日平成29年度に開発した10商品が初めて披露され、優れた商品に対して東京都知事賞等の各賞が授与されました。

東京150周年記念賞を受賞した「双慶」(東京打刃物)。刃先から続く鉄を柄の木地と一体化させた新しいデザインの東京打刃物。(製作者)石塚 洋一郎、石塚 祥二朗(デザイナー)杉本 国雄

中小企業振興公社理事長賞を受賞した「東京本染 てぬぐいおくるみ」(東京本染ゆかた・てぬぐい)東京本染の技法で作ったおくるみ。ぬいぐるみにリメイクが可能。(製作者)瀧澤 一郎(デザイナー)平田 ことこ、竹本 真実

5月30日より日本橋三越本店において、本プロジェクトの支援商品を展示・販売する「東京手仕事展」が開催されています。職人とデザイナーによる渾身の逸品を手に取り体感する良い機会。是非足を運んでみては。

 

<イベント開催概要>

「進化する粋 東京手仕事展」

会 期:平成30年5月30日(水曜日)~6月12日(火曜日)まで
時 間:午前10時~午後7時
会 場:日本橋三越本店 本館5階 ギャラリー ライフ マイニング(中央区日本橋室町1-4-1)
内 容:東京手仕事プロジェクト29年度開発商品等の展示販売、職人による実演、新茶試飲会

https://tokyoteshigoto.tokyo/news/2018springnihonbashimitsukoshi