日本語 | English | 简体中文 | 繁體中文

北斎モチーフのレザーグッズが羽田空港の特設ブースにて展示

2018.09.20

 
葛飾北斎の「富嶽三十六景」などをモチーフとしたレザーバッグ

日本の皮革産業の普及を目的として活動している日本皮革デザイン促進委員会の独自ブランド「創悦」による、葛飾北斎をモチーフとしたレザーグッズのお披露目とワークショップが、2018年9月21日(金)から24日(月・祝)まで、羽田空港国際線旅客ターミナル5Fの特設ブースで開催されます。

「~ジャパンレザーと北斎で遊ぶ4日間~ HOKUSAI×JAPAN LEATHER 2018」と題したこのイベントでは、「神奈川沖浪裏」や通称「赤冨士」で知られる「凱風快晴」など、おなじみの北斎の名作がダイナミックにプリントされたレザーバッグや、雑貨類、升や下駄、提灯などのジャパングッズを展示。一部の商品は販売も予定されています。

ヌメ革や鹿革へのレザープリントは、「創悦」の高性能インクジェット機でほどこされ、ロウを染み込ませて仕上げているため、使うほどに革はしなやかに色艶を増し、味わいが生まれるとのこと。北斎作品の持つインパクトが見事に調和したデザインになっています。

 

また期間中は、ヌメ革の絵馬やフライトタグに電熱ペンで文字やイラストを描いたり、革のブレスレットを編むワークショップを開催します。

江戸時代にタイムリップしたような会場にはトントン相撲も用意されています。連休に合わせて、親子連れでのお出かけも楽しいでしょう。

 

◆~北斎とジャパンレザーで遊ぶ4日間~ HOKUSAI×JAPAN LEATHER 2018
開催期間:2018年9月21日(金)~24日(月・祝)
会場 :羽田空港国際線旅客ターミナル 5Fお祭り広場
開催時間:11:00~19:00
ワークショップ参加費2,160円(税込み)
イベントサイト:https://www.souetsu.com/news