日本語 | English | 简体中文 | 繁體中文

活動30年の集大成「子供地球基金 HAPPY EARTH展」が六本木で開催

2018.11.28


子供地球基金は、これまで世界中で2000回を超えるワークショップ、3000回を超える展覧会を開催

1988年に創立され、想像力豊かな子どもを育てることを目的に、世界中で子どもたちと絵を描くワークショップを行ってきた特定非営利活動法人 子供地球基金が、今年で30周年を迎えました。この節目の年を記念して、これまでの活動の集大成ともいえる大展覧会「HAPPY EARTH展」が、2018年11月28日(水)から12月10日(月)まで、東京・六本木の国立新美術館で開催されます。

子供地球基金は、これまで30年にわたり戦争や災害、病気や貧困など様々な理由で心に傷を抱えた子どもたちと絵を描くワークショップや展覧会を行ってきました。子どもたちが絵を描き、その絵が基金となって他の子どもたちを救っていく。まさに子どもたちが子どもたちを救う活動として、世界47ヶ国で実績を重ねています。また、子どもたちが描いた作品は、その豊かな創造性から、フランス・ポンピドゥーセンターやロシア・プーシキンミュージアムでの展覧会をはじめ、国内外で高い評価を得てきました。

 
展示作品「心を繋ぐ一枚の絵」

今回は、同基金創設のきっかけとなったアーティスト志村星氏の作品を新作とともに展示するほか、世界各国のワークショップで描かれた子どもたちの作品を紹介するコーナーや、初公開となる横幅12mを超える巨大ペインティングも展示されます。また、会期中は、先着順で参加できる多数のワークショップを開催して、新たな作品も会場内に展示していきます。

このほか、各界著名人によるトークセッションやコンサート、ダンスパフォーマンスなど、節目の年を飾るにふさわしい企画が盛りだくさんです。

展示作品の中には、紛争終結直後の1995年クロアチアや、東日本大震災で被災した子どもたちによって描かれた作品も含まれているとか。ぜひこの機会に、基金の活動意義について考えながら、世界中の子どもたちからのメッセージと素晴らしいアートを体感してみてはいかがですか。

 

◆子供地球基金 30周年記念 HAPPY EARTH展
会期:2018年11月28日(水)~12月10日(月) ※火曜日休館
会場:国立新美術館
    東京都港区六本木7-22-2
時間:10:00~18:00 ※金曜日のみ20:00まで ※12月10日は15:00まで
詳細は公式サイト:https://kidsearthfundjp.wixsite.com/happyearth