日本語 | English | 简体中文 | 繁體中文

いちじくタルトのような味わいのビール「ウィンターフルーツタルトエール」限定発売

2018.12.06


樽生とボトル、味の違いも楽しみたい

日本の地ビールブームの先駆け・サンクトガーレン社から、神奈川県足柄産の極上完熟いちじくをメインにしたビール「ウィンターフルーツタルトエール」が発売されました。樽生を2018年11月28日から先行発売、 ボトルを12月6日より発売、 いずれも2019年1月頃までの冬季限定商品です。

新商品「ウィンターフルーツタルトエール」は、大手ビールメーカー主流の“ラガー”とは製法も味わいも対極の“エール”主義を貫くサンクトガーレン社が、県が推進する「かながわブランド」に認定されている“あしがらいちじく”をメインに、りんご、ジンジャー、シナモンを使用したフレーバービール。

完熟いちじくならではのジャムのような濃厚な甘さに、りんごの爽やかな酸味をプラスし、ジンジャーとシナモンをアクセントに効かせた甘くスパイシーな味わいで、カラメル麦芽を特徴的に使った琥珀色のビールです。


見た目に傷があっても、味には全く問題の無い“はねだし品”のいちじく約110kgを使用している

通常、いちじくの果実は柔らかく大変傷みやすいため、完熟状態での流通が難しいとか。今回の商品では、県産品の完熟したいちじくをふんだんに使用することによって、若もぎされたものとは一線を画す、ねっとり柔らかく優しい甘みの味わいを実現することができたとのこと。

オレンジやリンゴなどを使ったフルーツビールに力を入れている同社の自信作。美味しく焼き上げたお菓子のタルトをイメージしたビールを、一度味わってみてはいかが。

 

◆冬季限定 ウィンターフルーツタルトエール
発売日:樽生2018年11月28日(水)~、 ボトル12月6日(木)~
公式サイト:https://www.sanktgallenbrewery.com/beers/winter-fruit-tart-ale/